VRや画面分割に対応したAndroid Nの内容がGoogle I/O 2016で発表

シェアする

キャリア版のスマホには、Android 6.0 マシュマロもまだほとんど配信されていませんが、Android自体のバージョン7のプレビュー版が開発者向けに配布されています。

Google I/O 2016で詳細が発表されましたので、取り上げておこうと思います。

Android Nとは

Android Nは7番目のAndroid OSになる。

Nはコードネームでお菓子の名前が付く予定で、Googleが初めてNのつくお菓子をの名前を募集しています。当選しても何もないそうですが、Nikki(ニッキ菓子)で応募してみました。

Android Nの新機能

1.画面分割に対応

画面を分割して表示出来るように成りました。

Android N 画面分割

Androidを採用しているスマホでは画面が大きい物が多く、2つのアプリを同時に表示しても問題なく利用できそうです。Androidはスマホもタブレットも同じ仕様ですが、テレビ向けにも別途マルチ画面機能を用意しているそうです。

2.VRに対応

スマホをVRとして利用する機能をAndroidがサポートしました。

Googleが格安でVRを楽しめるようにと段ボール製のVRヘッドセットを配布、販売していましたが、各メーカーがスマホを利用したVR用のヘッドセットを販売しており、VRをスマホで楽しむための施策です。

VRヘッドセットも色々ありますが、YouTubeアプリがアップデートでVRに対応しており、どんな動画もVRで楽しめるそうです。興味の有る方はVRヘッドセットを買ってみてはどうでしょうか?Android NでなくてもOKで、iPhoneのYouTubeアプリも対応済みです。

3.直前に使っていたアプリに戻るが出来るようになっています。

メールアプリを使っていて、facebookを開いたりしても「アプリ切り替えボタン」をダブルタップでメールアプリに戻れます。

いちいち起動済みのアプリ一覧でアプリを選択肢なくてよくなりました。僅かなことですが、利便性は高そうです。合わせてアプリをすべて終了するボタンの配置が変更されています。

リリースはまだ先

Android Nは第三四半期に登場予定です。今は開発者向けにテスト中なので、今後も新しい機能が追加されたり、仕様が変更されそうですが新機能が変更になることはないです。

残念ながら多くの方が利用しているであろうキャリア版のスマホは、キャリア側の独自機能がAndroid Nに対応出来るまでリリースはされませんし、古い機種はそもそも未対応になりそうです。

hideokazuo.com/nowontap_review

まずはAndroid 6.0 マシュマロにアップデートしてNow On Tapに慣れてみましょう。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする