Apple Watchの動作時間は2.5時間?!アプリの使いすぎて極端に短いかも

シェアする

Apple Watchの詳細が出てきました。

AppleWatch

Apple Watchに搭載されているS1チップはどうもiPad 2やiPhone 4sに採用されていたA5プロセッサがのっているみたい。
CPUのサイズが小さくなっており、省電力化が進んでいるとはいえ、バッテリー耐久に問題がありそうです。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

2.5時間か?

Apple Watchのアプリに寄っては連続稼働時間が2.5時間と言われています。そもそも本体サイズが小さく、この部分にS1チップとセンサー、バッテリーを組み込んでいますので、バッテリーサイズはかなり小さい。

画面はRetinaディスプレイを採用しているため、画面サイズが小さいとはいえ、それなりに消費電力も喰います。

また単体では動作しないため、常に親機のiPhoneとBluetoothで通信していないと利用できません。これもバッテリー駆動時間が短くなる要因かもしれません。

Apple Watch第二世代が買い?


Apple Watchですが、第二世代以降に買うのが正解かもしれません。

初代モデルはデベロッパーの人達が買って、実機で動作を確認する程度で時計としての役目を果たすほど駆動時間が期待できません。

チップの消費電力化、バッテリー技術の向上が期待できる第二世代モデルを買うのが正解かも。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする