iPhone 7に合わせて20GBプラン登場。格安SIMと同等程度に

シェアする

iPhoneを使い込む人

iPhone 7に合わせて月20GBのデータプランをauとSoftBankが提供すると発表しています。

※執筆時にドコモから新しいデータプランの発表はされていない。

au、SoftBankともに、月20GBのLTE接続が使えるプランが6000円で提供され、最安のプランで5分間かけ放題になる1700円+プロバイダー料300円+20GBデータプラン6000円となります。

SoftBankの資料によると20GBあると音楽は5000曲ダウンロード出来て、4MBの動画を90時間見ることができるそうです。

データプランの1GB単価が値下げ

20GBプラン以上ですが、ようやく1GB=1000円という高額な単価に変更があり、20GBプランで1GB=300円まで下がりました。

代表的な格安SIMの通話&SMS付きプランを見てみると

  • DMMモバイル:20GBで5980円
  • IIjmio:10GBで3260円
  • mineo(マイネオ)Dプラン:10GBで3220円
  • mineo(マイネオ)aプラン:10GBで3130円
  • 楽天モバイル:10GBで2960円

格安SIMでも1GBあたり300円前後ですので、キャリアが提供するデータプランが格安SIMと同等程度まで下がりました。ただし20GB以下の1GB,3GB,5GBプランは1GBあたり1000円以上します。月のデータ利用量が少ない方は、キャリア版のデータプランよりも格安SIMプランの方がいいかもしれません。

また20GBプランを利用しようとするとau、SoftBankともに、テザリングオプションが月額500円から1000円に変更されてしまいます。テザリングを良くする方は、よく確認の上野で申し込みしてください。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする