ドコモがブラックベリーの販売を終了!ネットワークサービスも2017年3月終了

シェアする

BlackBerryが終了する。

blackberry bold

BlackBerryはiPhone以前のスマートフォンで、世界中のビジネスマンが愛用していた人気機種です。

オバマ大統領も未だに利用しているようですが、iPhoneとAndroidに完全にシェアを奪われてしまい、RIM社の業績もかなり怪しくなっています。

日本では2006年にドコモが鳴り物入りでBlackBerry Bold販売を開始しましたが、2015年11月で終了する。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

BlackBerryの負担

まず日本で販売されているblackberryは、最新のblackberry OSとだいぶ違います。キャリアと端末で専用のシステムを走らせないと利用できません。

「BlackBerry Enterprise Server」「BlackBerry Internet Service」「BlackBerry Dual Service」なんてのがあります。

ドコモが用意していたのでしょうけど、Androidをカスタムして利用した方が手早く、安く作れ、さらにiPhoneを販売するようになって、BlackBerryの意義がかなり薄れてしまった感じがある。

そこで利用者も少なく、アップデートも大変なBlackBerryは、今回で閉じることにしたんだと思います。

Nokiaを買収したマイクロソフトが買うかもしれないようですが、そこまで売れる端末ではなくなってしまったので、買収されるかもよくわかりませんね。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする