あなたの写真が勝手に広告に載る?載せない為の対策方法

シェアする

google+ logo

Googleの利用規約変更について説明していこうと思います。

ポリシーと原則

昨日から、Googleアカウントにログインすると”規約変更がありました。”と通知が皆さん出たかと思います。
長々と書いてあって、普段からそんなもん即同意していた人も、なんじゃいこりゃってことで、訳が分からない。と思うので噛み砕いて解説したいと思います。

まず、リンクはこちら
http://www.google.com/policies/terms/changes/

簡単にいうと”あなたの写真が広告に出ます”的なこと

+1したときの画面

どこかのサイトで+1ボタンを押したものがGoogleの広告に反映されるってこと。

+1ボタンは、facebookで言うところのLike!(いいね!)ボタン、shareボタンみたいなもの。

+1するとGoogle+のタイムラインにシェアされます。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

例えば

このブログをURLで過去に+1しており、私がAdWordsで広告を出稿したとする、

その場合、+1した人のGoogle+でのプロフィール写真が出ますよー

って事ですw
こんな感じになるみたい。

google+の写真が広告に載っている例

皆さんが色々なところで、いいね!を押しまくってるように+1を押している人がいるので、各サイト、記事などの+1されたデータを活用して、検索エンジンの検索結果への反映や、広告に活用しようってこと。

いいね!押すのもちょっと考えておしましょうね笑

検索結果への反映とは、1つの検索キーワードについてGoogleのプログラム処理(検索アルゴリズム)+1の数、検索している人のGoogle+のデータなどが反映されてくるようになると私は勝手に思っています。
これに加えて、スマホなんかだと”あなたの位置情報など”でオススメのお店なんかが出てきたりするんでしょう。

YouTubeのコメント機能もGoogle+のアカウントと統合されて、Google+のアカウントないと使えないとかなりましたし、Google+に本腰を入れ始めたのかと思います。

広告に自分の顔が表示されるのは嫌だ!

という方規約内にあるリンク下記へどうぞ

こちらの説明文の一番下にチェックボックスがあります。
(Googleアカウントへのログインが必要です)

”自分のアクティビティに基づき、広告内の共有おすすめ情報に自分の名前やプロフィール写真を表示することを Google に許可する。”

ここのチェックボックスが標準で利用許可になってますので、使われたくないと希望する方はこちらのチェックを外して、青いボタンで保存しましょう。

私が思うところ

検索結果にソーシャル性が持ち込まれるのは、既定路線で、facebookログインなどを利用している時点で既に個人情報は抜かれているし、スマホもそうだ。
なので基本的にはこういう物は積極的に利用しちゃおうってタイプなので、あまり気にしてないのです。

※bing(MSの検索エンジン)はTwitter、facebook検索が出来るし、いいね!やコメントが出来ちゃうw
http://www.sem-r.com/bing/20130511202625.html

ただ、今回は ”この人がオススメしています!的な広告が顔写真つきで出ちゃうのは嫌ですね。”

誤クリックで+1してしまったもので、オススメしているわけではないサイトの広告に顔が出た日には、涙でますわ。

というわけで、さっそくチェックボックスからチェックを取り除きました。

ソーシャルメディアを利用している以上、方向性としていつかはこう成るだろうと予感していましたが、ついに来たという感じです。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする