iCloud Driveが発表されたので、他のオンラインストレージと比較してみる

シェアする

OS X YosemiteとiOS8がサポートするオンラインディスクストレージのiCloud Drive

これまでiCloudはiOSデバイスのバックアップとフォトストレージ、オンラインでiWorkドキュメントが触れた程度でした。

オンラインストレージサービスは既に多く存在しており、ストレージサービスが出来ることも違うので比較。

iCloud Drive

iCloud Drive
5GBまで無料

  • 20GBは月0.99ドル
  • 200GBは月3.99ドル

最大1TBまで。

iOSデバイスのバックアップ、iWorkドキュメント、Photo Stream、iOSアプリのドキュメントに使えるます。

バックアップをiCloudにアップすると、かなりの容量がバックアップで埋まるので、注意が必要です。

Google Drive

google drive icon

15GBまでは無料

  • 100GBは月1.99ドル
  • 1TBで月9.99ドル
  • 10TBで99.99ドル
  • 20TBで199.99ドル

Googleが提供しているスプレッドシートや文章作成ソフト、Google+へ投稿する写真の保存領域として利用されます。

システムのバックアップなどには未対応

Dropbox

dropbox logo

2GBまでは無料

  • 100GBで月1,200円

※無料プランでも知り合いを招待すれば、容量が増えます

利用者が一番多そうなDropbox、アプリをインストールすれば、Finder/フォルダから手元のデバイスと同期されます。

2GBしか無く、無料で容量を増やそうとするとキャンペーンか招待するしか無い。かなり使われているので、そろそろ有料ユーザーにならないと容量追加は難しいかも

BOX

box logo

10GBまで無料

  • 100GBで月600円
  • 無制限で月1,800円/3人まで
  • 無制限で月4,200円/カスタマイズ

BOXはリリース直後に50GBキャンペーンをしていたので、50GBを無料で持っている人も多いかと思います。

リテラシーが高めの人しか知らないし、”Dropboxしか使ったことがない”という人には使いにくいです。

OneDrive

onedrive

マイクロソフトのオンラインストレージサービス

7GBまで無料

  • 50GBで年間2,000円
  • 100GBで年間4,000円
  • 200GBで年間8,000円

マイクロソフトのサービスなので、MS Officeとの親和性が高いです。officeドキュメント以外にもoutlookに対応しているので、かなりビジネスより。

Office365を使っている人は必須かもしれません(OneDriveが含まれているのかな?)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

目的次第

iOSからの利用が多い人は、プライベートな利用だと思いますので、iCloud Driveがいいと思います。iOSのバックアップを手元に置きたくない人で、ドキュメントも扱う人は課金する必要があります。仕事場ではiMac、外出先はiPadなんて使い方をしてる人は、課金が必要です。

ビジネス利用でMS Officeを新たに導入するとしたら、Office365で導入する場合が多いと思うのでOneDriveがオススメ。ちょっとリテラシーが高めの人はDropboxとBOXをうまく使い分けて保存してくといいかと思います。

正直、100GBも持っていてもかなりだぶついてしまうと思うので、50円ぐらいで50GBぐらい自由に使えるサービスがあるといいかな?と思っています。Google Driveとか容量大きいのにバックアップに使ったり出来ないので、あまり活用方法が見いだせません。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする