iCloudがいっぱいに、iPhoneのバックアップを削除する方法

シェアする

iPhone

iPhoneのバックアップどうしていますか?

iPhoneのアクティベーションを行った時にiTunesに接続しておこなわずにアクティベーションした場合、iCloudをオンにして、バックアップ作成していませんでしたか?

私はイチイチ接続するのが面倒なのでiCloudを利用していましたが、iCloudがiCloudドライブに移行して、バックアップだけでなく色々なファイルが扱えるように成って以降、容量どんどん減っていきました。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

iCloudの管理

iCloud Drive

iCloudには標準で5.0GBが無料で割り当てられています。

ここにiPhoneのバックアップを行うと4.7GBほどバックアップ領域がとられていました。

(※iPhoneのiOSバージョンや、端末によってバックアップデータ量は個人差があると思います)

さらに写真などが自動で保存されてしまうので、容量は減っていき、ここのところ毎日AppleからiCloudの容量をアップグレードしてくださいって通知が来ていました笑

日本では月額100円で20GBに増やすことが出来、最大で1TBにまで増やせます。しかし、iTunesバックアップを行えば無料ですので、通知もうるさいので戻してみました。

iTunesバックアップ

iTunesはいつも通りiPhoneを繋いで、iTunesバックアップを選択して、バックアップするだけ。暗号化について聞かれるので、暗号化しておいた方がいいですね。

iCloudの管理方法

iPhoneから管理する方法とMacから管理する方法があります。

iPhoneから

設定>iCloud>容量>ストレージの管理

Macから

システム環境設定>iCloud>管理

これでデータが表示されます。MacのFinder iCloudで表示されないバックアップデータも管理できます。

Windowsから

iCloud for Windows>ストレージ>バックアップ

ここにiCloud上に入ってるデータが表示されます。なんのファイルが重いのか確認してみましょう。

iTunesでバックアップを作成済みだったので、iCloud側は削除してドライブの空き容量を増やすことが出来ました。

iPhone本体でバックアップを多少キャッシュしているのかと思っていましたが、空き容量に変化はなかったので、キャッシュされていなかったようです。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする