Appleイベントカウントダウン:iCloudについて

シェアする

iCloudって?

iCloudはAppleがmobile meというクラウドサービスを発展させたサービスで、利用は基本無料になっています。
iCloudを利用することで、iOSデバイスとMac/PCをクラウドを通して同期する事が可能になります。iPhoneで撮った写真をiCloudにアップロードしておけばMacを起動し、iPhotoを起動すれば自動的に写真が入ってるなんて具合です。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

詳しい仕様

iCloudはiOS5を搭載したiOSデバイスとMac/PCから利用する事が出来ます。
無料で利用出来るストレージ容量は5GBで、購入した音楽、写真、コンテンツはこの5GBには含まれないのでかなり余裕があります。

例えば、写真を撮ると自動的にiCloudにアップロードされ、自動で他のデバイスもダウンロードしてくれます。
音楽も同じApple IDで利用していればMacのiTunesで音楽を購入してもiPhoneに自動的に音楽がダウンロードが行われます。写真は無料ストレージとは関係なく、1000枚が保存され、1000枚を超えると一番古い写真がiCloud側からは消え、新しい写真が1枚追加される仕組みです。
写真はApple TVからも閲覧出来るので、いちいちiPhotoに入れて〜なんてしなくてよくなりますね。Apple TVにはストレージが無いので、iCloudはとても活用されると思います。

PC freeによる自動バックアップもiCloudを利用します。連絡先、メール、カレンダー情報が自動でバックアップされ、同期されます。iPhoneでカレンダーに予定を追加すれば、MacのiCalにも自動で予定が追加されるという具合です。

iPhoneで購入したアプリは、購入履歴がストアに追加され、いつでも再ダウンロードが可能になりました。これは、既に利用出来る様になっています。

iBooksもiCloudを利用することで、どのデバイスで読んでも続きを読めます。
iPhoneでiBooksの本を読み、途中で付箋を付けておけば、iPadでその付箋の所から読み進めるという事が可能になりました。

iTunesもiCloudによって変わりますが、サービス開始が決まっているのは、現在までにアメリカだけのようです。イベントで他の国についても発表があるかも??

iCloudが開始されるとiTunesで購入した曲が、他のデバイスに自動的に反映されるようになったり、以前買った音楽を同期する前にロストしてしまっていても大丈夫になります。音楽もアプリのように再ダウンロードが出来る様になるみたいです。
みたいです。と書いたのは、アメリカからスタートするという事で、日本ではまだ決まっていないようです。利権関係を考えると想像は容易だと思います。

WWDCでのOne more thing…だったiTunes Match
iTunes storeで買っていない、自分でCDから読み込んだ音楽をiCloudに音楽リストを送信して、iTunes側の音楽データと同期するサービスです。18万曲が同期可能で、256Kbpsの高音質になって同期が出来るサービスですが、これも日本はまだ未定。
価格は2万曲でも$24.99だそーです。日本でも提供されるといいですね。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする