iPhone アプリの開発環境が凄い。現場で使っている便利ツール

シェアする

アプリ開発環境は進んでいる

office-612532_1280

最近アプリ開発に突入しました。

アプリの開発はDeveloperの方々はあれこれと工夫してきてくれたおかげで、今ではかなり便利なツールが揃っています。

アプリの企画が決まったら、iOS(iPhone,iPad)のみなのか、Androidのみなのか、両方なのかという決断が必要です。

それでは、私が今使っている環境と今後使っていくツールを紹介したいと思います。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

プロトタイプを動かす

prott-logo

Prottはプロトタイピングツールです。企画内容をワイヤーフレームに落として、パーツの配置や遷移など確認していきます。

Prottでは、スワイプなどPCには無いスマホ独特のアクションに対応しており、アクションによってリンク先を分けたり出来るすぐれものです。

iOS版のアプリも出ており、手描きのワイヤーフレームを撮影して、リンクをつなげていくだけでプロトタイプが作成出来ます。

Prott上で基本的なことはほぼできるので、エンジニアさんにイチイチ実装してもらわなくても確認することが出来ます。

テストビュアーは無制限で、URLを送ってiPhone上にショートカットを落としてもらうだけです。(パスワード認証をすることも出来ます)

iPhone以外にもiPad,Apple Watch,Android,Windowsに対応しています。

Prottはこちら

確認できたらパーツを作ってもらってXcodeで実装してもらいます。

Revealで丸裸にする

Reveal

今度はある程度開発が進んだ状態になります。

Revealは実装済みのパーツの確認、修正に利用する事ができます。iOSのレイヤーも確認できて便利そうです。

まだRevealを利用していないのですが、開発エンジニアの方は利用しており、ディレクターが修正をお願いした箇所が簡単に共有出来て、ものすごく便利に制作を進めていけるようです。

Revealはこちら

充実しています

やはり開発者が増えれば、それだけ開発環境もどんどん便利なツールが出てきますね。

Prottだけでも動いている所を実機で確認出来るので、かなりイメージがつきやすく、ビジネス側に見せるのが楽です。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする