iPhoneを常に最新の状態で使い、アプリを自動更新する方法

シェアする

iphoneに絶句

最近アプリをリリースしました。提供者側になってみて分かったのですが、皆さん買ったままiPhoneをお使いの方が多いということ。

iOS 8以上から対応しているアプリをリリースしたのですが、iOS 7のまま利用しているという人がかなりいました汗

配信したアプリはこちら

オトナ女子向け厳選おトク情報まとめ − Silky[シルキー] App
カテゴリ: ライフスタイル
価格: 無料

女性向けの美容情報とおトク情報をまとめて配信するキュレーションアプリです。

iPhoneをお使いの方はぜひダウンロードしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

iPhoneを更新

iPhone

設定アプリを起動します。

【一般】>【ソフトウェアアップデート】>最新版がある場合は、ダウンロードしてインストール

これで最新版のiPhoneのシステムにすることが出来ます。

iOS 8までは5GBほど空きスペースが必要になるのですが、来月新しいiPhoneと一緒にリリースされるiOS 9は1GBほどの空きスペースで更新できます。

最新版のiOSにすることで、バグやセキュリティ上の修正がされていますので、新しいバージョンを利用するようにしましょう。

アプリ

【設定】>【App StoreとiTunes Store】>【自動ダウンロード】の順に選択し、

【アップデート】をオンにしておくと、アプリを自動更新することが出来ます。

Wi-Fiに接続したタイミングで自動更新されますので、App Storeから更新しなくてもOKです。

アプリを配信する側は、修正版を定期的に配信してきますので、アプリが壊れてるとか起動しなくなった。ということがあっても直ぐに次のバージョンが自動で入ってくるので、この設定がオススメです。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする