iOS 6をインストールするとiPhoneのバッテリーがバグる。

シェアする

バッテリーがおかしい

iOS 6にして言われていたsafariのバッテリー消費問題が起きました。

100%だったiPhone 4SでiOS6のsafariを使っていたのですが、20分ほどで半分ぐらいになってしまって、最終的には電源が落ちてしまいました。
以前Twitterでこの問題をつぶやいている人がいましたので、解決策をネットで検索しました。

対処方法

safariをいったん閉じて、ホームボタン二度押しし、バックグラウンドでの起動も消して、電源ボタン長押しの電源オフ→電源オンの再起動でバグが停止するようです。

とりあえずこの方法を試してみたら、私のiPhoneのsafariバッテリー暴走は止まったみたいです。

iOS 6になってsafariの挙動が速くなりましたが、バッテリーバグまた普段使いでもバッテリーの減りが早くなったという人もいますので、バージョンアップで修正していただきたいですね。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする