iPhoneを水没させてしまった。復活までにした5つのこと

シェアする

iPhoneが水没したらどうしますか??
iPhoneを水没させて絶望する人iPhoneはiPhone 3Gから長いこと使ってきましたが、落下による画面割れもせず綺麗に使ってこれました。

水没なんてそんな、そんなと他人ごとのように思ってましたが、やってしまいました。

水没したときにやることリスト

1.救出

とにかく救出!

なにもよりも素早く、迅速に!

2.即電源を切る

水に使ったiPhoneでも直ぐにはショートしません。水がひたひたになって、基板がショートする前に電源を切って、ショートするのを防ぎましょう

3.念入りに拭く

電源を落としたら、念入りに拭きます。ケースもフィルムも外します。

LightningコネクタとくにLightning端子の中、イヤホンジャック、マイク、各種スピーカーの中までティッシュを補足して差し込み、水分をとりさります。カメラ部分にもマイクがついてるので、忘れないようにしましょう

4.SIMカードを抜く

SIMカードはある程度水分を拭き取ったら、直ぐに抜きましょう。最近のSIMカードはMicroSIMなので小さいため失くさないようSIMカードの水分もティッシュで拭き取ったら、ティッシュで包んでおきます。

5.乾燥させる

水分を拭き取ったら、乾燥剤で乾燥させます。

乾燥剤に水分がつくと発火するので、表面の水分を完全に拭き取ってください


ジップロックに乾燥剤、ティッシュで丁寧に包んだiPhoneを入れて、念入りに空気を抜きます。

私の場合は、大きめの乾燥剤を2つ入れて、1日半ほど乾燥させておきました。

水没した際にどの程度浸水したかで、乾燥時間が違うと思います。

乾燥中はとにかく復活するように祈るだけです。

浸水がひどい場合は4日ほど放置しておくといいかもしれません。

復活しなかった場合

Apple Care+に加入していれば、7800円で水没でも交換してくれます。

加入していない場合は、保証外になりますので、22800円~で修理してくれます。

修理の際に水没したと正直に申請しましょう。iPhoneには水分に反応して色が変わる部品がついてますので、どーせバレます。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする