[iOS 9] iPhoneのSafariが使えなくなった時の直し方

シェアする

スマホを見て驚く

iPhoneのiOS 9.2.1でモバイルSafariが使えなくなる現象が発生しています。

Safariで検索しようとして、ステータスバーを触るとエラーが発生してしまい、Safariが強制終了されてしまいます。

全てのiPhoneで発生しているわけではないようで、iPhoneの特定の機種で起きる現象のようです。

Safariが使えなくなってしまう現象の直し方

直し方は簡単です。

  1. iPhoneの設定を開きます。
  2. 次にSafariを選択すると以下の画面が出てきます。
  3. 検索候補をオフにする

iPhone Safariの設定

使えなくなってしまう検索と書かれているカテゴリーの検索エンジンの候補、Safari検索候補がオンになっていると思いますので、こいつをオフにしてください。

検索候補を入れると候補機能で何らかのバグが発生しているよです。

OS Xでも落ちる場合の直し方

El CapitanのSafariでも同様の現象が発生して私もかなり手を焼きました。

iPhoneでの直し方を知っていたので、やってみました。

  1. MacのSafariを立ちあげる
  2. ステータスバーにある環境Safariをタップして、環境設定を開く
  3. 検索タブを開いて、検索エンジンの候補およびSafariの検索候補をオフ

OS X Safariの設定

これでMacのSafariも直りました。MacですとURLをコピペすることが多く、URLをクリックすることが多いと思うので、これで落ちてしまうと使い物にならないので、試してみてください。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする