LINE Creators Marketで、スタンプを買ってみた

シェアする

LINEクリエイターズスタンプ販売開始されています。

誰しも1つや2つはLINEスタンプを買ったことがあるかと思います。

それぐらい普及しているLINE

LINEでスタンプを売るには運営から依頼があるか、会社での契約が必要でした。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

だれでも売れるように成った

LINEクリエイターズマーケットが開設され、今日から販売開始。著作権を持っていて、規約に違反していなければ誰でも申請して販売することが可能。

クリエイターズマーケットLINEクリエイターズマーケットはこちら

クリエイターには販売価格から半額がLINEから支払われるようです。一律100円になっているようなので、1つ売れる毎に50円がスタンプを作ったクリエイターに支払われます。

今日の時点で350種類が販売されており、申請済みは5000ほどあるようです。申請中の人は審査が終わるまで待ちましょう。

スタンプの購入方法

Webから買う必要があります。iPhoneのLINEアプリからは買うことが出来ません。safariを立ちあげる必要があります。

100円で半額なので、AppleのApp Storeの手数料がかからない仕組みで売るんでしょうね。

LINE Storeはこちら

購入手順

LINE store

右上のログインからログインします。

iPhoneでLINEアプリをインストールしたときに作ったLINEアカウントが共通になっているので、そちらの情報を使うことで、こちらで買ってもアプリに反映される仕組み。
iPhoneからは画面右上の緑の人型のアイコンをタップしてログインします。

クリエイターズスタンプを選択

クリエイターズスタンプが人気順に並んでおり、新着、検索が出来ます。知り合いのスタンプを買いたいときは、検索してしまいましょう。

ファミコンのRPGみたいなスタンプが気に入ったので、これを買ってみます。
クリエイタースタンプ

決済方法は何種類もあります

LINE store決済方法

コンビニで売ってるLINEのカードとかでもチャージしておけて、それでLINE電話の通話分もチャージ出来るので、活用したい人はこちらに貯めておくといいと思います。

今回は買うだけなのでクレジットカードで決済しました。
LINE store購入完了画面

iPhoneのLINEで使えるようにする

LINEアプリを起動します。

その他>設定>スタンプ>マイスタンプ

LINEスタンプ一覧

一番下に追加されていますね!ダウンロードして終了

これでバッチリ使えますよ!

クリエイター向けにスタンプ市場を開放してくれたので、今後どんどんスタンプを販売する人が増えてきて、賑そうですね。

ただ簡単に販売ができるように成ったので、その分売れるにはランキングに入る必要があったりと簡単ではなさそうです。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする