iPhone 6sで撮影したLive PhotosをApple Watchの動く文字盤にする方法

シェアする

iPhone 6sで撮影できる”動く写真”Live PhotosをApple Watchの文字盤に設定してみました。

Live Photosはシャッターを切った数秒間を保存しておいてくれます。



iPhone 6sは初期設定で自動でオンになっているので、撮影済みの写真を開いて画面を強く押し込んでみましょう。写真が音声つきで動き出します。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

Apple Watchの文字盤にする

apple watch

Live Photosですが、Apple Watchでも楽しむことが出来ます。Apple Watchの写真同期をお気に入りや、アルバムで同期するようにしておけば、直ぐにApple Watch側でLive Photosが使えます。

Apple WatchでLive Photosを動かすには、動かしたい写真を表示して画面を長押しで動き出します。

動く文字盤にするには

手順は簡単です。

  1. 文字盤に設定したい写真を開いて、ズームしたりして表示サイズを調整し任意の位置で画面を強く押し込みます。
  2. 「文字盤を作成」が表示されるので、タップで選択して終了です

写真やLive Photosの文字盤を作成した場合は、一律に右上に日付と時間が表示される仕様です。「画面を長押し」たときと「文字盤を表示する度(腕を上げた場合)」に写真が動くので、かなり電池を使用しそうな気がしますが、とってもキレイです。

お気に入りの写真を文字盤にしてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする