モバイルインターネットの未来

シェアする

Android OSがiOSのシェアを抜いた

AndroidはOHAに加入している会社であれば、利用が無料なの企画なので世界中の携帯電話キャリアが採用をしています。
世界中のキャリアが採用してるということは、それだけ多くのAndroid端末が販売されるという事です。日本でも多くのAndroid端末が販売されています。

また、アップルとの契約は非常にハードルが高いと言われており、導入が難しい地域でもAndroid端末の導入が進んでいます。
さて、先日までそのAndroidを作っているGoogleが未来を見せるイベントを行いました。
Google I/Oというイベントで、そこでは最新版のAndroidバージョンであるIce Cream Sandwichの紹介されました。
これまでは携帯電話向けとタブレット向けでAndroidの仕様が分かれており、Ice Cream Sandwichからは統合される事になりました。

一方のiPhoneを製造するAppleはモバイル向けのOSとしてiOSを搭載させています。
来月の上旬にはWWDCというAppleの開発者向けイベントが予定されています。
最新版のiOS5がプレビューされる予定になっており、新しい未来がまた一歩近づきます。
さて、数年後には私はPCが一般的に用いられない世界になると考えています。
多くの方がこれは考えていると思います。
アプリケーションをCloud化することで、音楽はストリーミングサービスで聴くことが出来、手元に大量のデータを入れてなくてもインターネットに接続していれば聴ける。
スポンサーリンク
スポンサードリンク

クラウド化が進む

すでにアメリカではAmazon MP3 Cloud PlayerやGoogle Muisc Betaが開始されています。
また、モバイル向けのAndroid とiOSにはそれぞれにドキュメントソフトも存在しており、検索をかけて、ソフトウェアを探して安全かどうか調べてインストールする必要もなくなりました。App StoreやAndroid Marketでダウンロードするだけです。
PCという存在は、今後は開発者向けや特別な作業が必要場合を除いては必要がなくなっていくでしょう。
一般的なインストールを楽しむ、メールをするといった作業はタブレットやスマートフォンで十分ですし、使い勝手はPCよりも良いと感じる人も多いと思います。
今後発売されるスマートフォンにはNFCというおサイフケータイの上位規格が載ることが確実で、iPhoneにも搭載の噂があり、世界的なクレジット決済やオフラインの情報を簡単にWeb上にアップしたり、共有する事が簡単に出来るようになります。
Google I/Oのデモでは、Androidが色々機器を制御するデモが行われ、新しい世界を感じさせてくれました。
リアルとネットを繋いで新しい世界を創っていくのはモバイルインターネットです。
新しい世界の入口に立っていると考えるとワクワクしますね。
まだ、スマートフォンを利用していない人は利用している人のスマートフォンを触らせてもらいましょう。
きっと何か新しいインスピレーションがあると思いますよ
スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする