極薄MacbookのUSBポートが1つなのが不評ですが、感圧タッチトラックパッドは良好!

シェアする

newmacbook

USBタイプCのポートが1つだけになってしまい、電源も外部出力もUSB接続もこの1ポートになってしまってかなり不評ですね。

ディスプレイについては、Thunderbolt 2をAppleは推していたので、Thunderbolt 2ぐらい載せても良かった気がしますが、最終的には全てWireless化を実現したいんでしょう。

ディスプレイ接続もWireless、外付けハードディスクドライブはクラウドストレージ、USB機器はBluetooth接続かなと。

Appleから出ているUSB-Cの拡張ポートが9500円もするのもあって輪をかけて不評ですね。

Macbook Airを普段利用していますが、USB機器をほとんど接続しないので1ポートでもあまり不便さは無いかな?とか思っちゃいます。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

新しい感圧タッチトラックパッドは素晴らしい

感圧タッチトラックパッド

極薄のMacbookに搭載された新しい感圧式トラックパッドですが、Macbook Pro 13インチモデルにも搭載されています。

こちらは既に発売済みで店頭で触ることが出来るので、触ってみました。

トラックパッド構造

感圧センサーが4つに増えて、専用のエンジンがついています。

トラックパッドの使用感

Macbook Pro new Trackpad

実際に店頭で触った感じはMacbook Proの前のバージョンとあまり変わらないかな?と思いきや、クリックが2段階ある感じで押せます。

通常のクリックから、さらにもう一段階押しこむことが出来ました。ディープクリックとでも言うんでしょうか?

通常のクリックだと感圧センサーが2つしか反応せず、さらに押し込むことで全てのセンサーが反応している感じです。

押し込みをすると右クリックか、新規タブのような反応でした。Quick Time Playerは、押し込みで倍速表示が出来るようでしたが、店頭のMacに動画が入ってなかった…感圧での手描きにも対応しているので、将来的にはこの技術が他のアップル製品に搭載されそうです。

なんで今回Macbook Proの15インチだけハブられたのかは謎です。17インチだけクアッドコアCPUなので、新しいCPU性能が期待してたほど伸びなかったんでしょうか。

Macbookに早くtouch ID載せて欲しいです

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする