Apple,無料配布アプリにGarageBandを追加する?

シェアする

iPhone版のiLifeアプリが無償化される。

iPhone 5s/5cの発表時にiOS向けのiLifeの一部とiWorkが新規にアクティベートされたiOSデバイスに無料配布されることが発表されましたが、

MacRumoersによると

“GarageBand for iOS 7 to Become Free with In-App Purchases as Apple Reveals Full Set of New iLife and iWork Icons”

まずアプリアイコンデザインがフラット化されるそうです。

iLife app

新しいiLifeのアイコンセット

iWork app

新しいiWorkのアイコンセット

フラットデザインのiOS 7の中で浮いてしまっている印象のあるiLifeとiWrokのアイコンをフラット化して統一感を出すようです。

GarageBandの無料化

GarageBandは現在も450円で有料のアプリとして販売されていますが、
ダウンロードは基本無料で、アプリ内課金があるようです。
iPadでGarageBand、iMovieを利用して制作をしている方が多いかと思いますので、今回の無料化は嬉しいですね。

iPhoneで動画編集や楽曲制作は、画面サイズ的に厳しい印象ですが、新型iPad発表に伴い無料化されれば、制作する人が増えそう。

ただ、イチイチアクティベートして、app storeに接続して〜となると面倒なので、インストール済みで販売してもらいたいのですが、app storeからダウンロードしておけば、手持ちの他のiOSデバイスにもインストール出来るので、”手間を惜しむな”ってことでしょう

iWorkはiCloud版が無償で利用できますので、WindowsユーザーでもiPadとiCloudで相互に編集が可能です。(利用にはiCloudアカウント、Apple IDが必要です)

Appleのイベントは22日(日本時間23日未明)に行われます。

面白かったらシェアお願いします!!

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする