PlayStation VRゲット!解像度は少し足りないが、初めてのVRは凄かった。

シェアする

発売日にPlayStation VRをゲットすることが出来ました。

人気すぎて予約が全然出来ず発売日の当日販売にチャレンジしてみて、ダメなら当面は諦める方向でした。

カメラ付きを申し込んでいる人がほとんどで、私の受付の時で300ぐらいいた気がします。私はPSカメラ付きモデルのPS4を買っていた為、カメラなしモデルで応募。64番前後でした。

ダメ元だったのですが、応募人数が少ないこともあって、これは買えるんじゃないかと発表を待っていたら、当選しておりました!

スポンサーリンク
スポンサードリンク

初めてのVR機、PlayStation VRを試す。

PSVRの箱

PSVRの箱はかなりデカイです。ヘッドマウントディスプレイが入っているので、予想していましたが、デカイです。PSVR本体

PSVRのヘッドマウントディスプレイ自体は、かなり軽いです。ただ装着する時にバンドを引っ張って装着するんですが、髪の毛挟んだりします。

接続方法が複雑なので、予め予習しておきましょう。

PS4とプロセッサーユニットのケーブル接続までが難しいでしょうか。ケーブルに番号ついているので、だいぶわかりやすいとは思います。

初めてのVRは大満足

電源をオンにするとVR用のシステムアップデートが行われ、初期設定が終わるとシネマティックモードでPS4の画面が表示されます。TV側の表示も同じ画面が表示されます。

シネマティックモードは、初期設定で中サイズになっているので、大サイズで楽しみたい方は設定変更が必要です。大にするとめちゃくちゃ大きく、画面の端まで一度に視界に入りません。画面の端、レンズの外側は少しボケている感じがします。

実際のVRはゲームは解像度も少し粗いですが、値段的にこれだけキレイに出ればいいんじゃないでしょうか。

見えにくい時は、目の間の距離を設定する

歪んで見えたり、見えにくいなと感じた時は、初期設定では行わなかった瞳孔間距離を設定するとかなり改善されます。

設定>周辺機器>PlayStation VR>目の間の距離を設定

PSカメラを利用して自分の写真を撮り、左右の目の位置(瞳孔)を設定することで瞳孔間距離が決まり、それにあわせて画面が表示されるようになります。初期設定で63mmに設定されているので、「見えにくいな」と感じる人は設定してみましょう。

PlayStation 4 Proでは、PSVRがさらに画面が綺麗に表示できるようになるようです。


htc Viveでも出来るように成っているので同じようにPS4 Proでも処理するのでしょうか。解像度がかなり上がるようであれば、4kテレビを持っていない私でもPS 4 Proに買い替えたくなります。

ViveやOculusを動かそうとすると本体だけで10万近くしますし、対応するPCを買うと成るとさらに20〜30万円します。PS 4は29980円からと手頃ですので、この金額でVRが楽しめるのは素晴らしいと思いました。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする