SONYが格安スマートフォンに参入するようですが、viaoスマートフォンと競合しそう

シェアする

SONYが格安スマートフォンに参入する

Xperia Z1

Xperiaシリーズは高機能、高価格帯で販売されてきたスマートフォンですが、売上が落ちてきており、事業売却の噂もありました。

事業売却の噂を消し飛ばすかのようにキャリア販売からの独立を目指すみたいです

スポンサーリンク
スポンサードリンク

旧型の販売か

Xperiaのグローバルモデルでは、simフリーでモデル数も多いのですが、日本ではキャリア販売のみでした。

今回のNEWSでは、イオン販売で旧型のXperiaとdocomo MVNOのSo-net SIMのセット販売になるようです。

本体価格が、3〜4万円での販売とな言われていますが、フラグシップモデルのZ1かZ2でしょうか。

さすがにこの価格帯でXperia rayとか古くて、性能が低いものをSONYが売るとは思えません。

旧型とはいえ、Z1はXperiaのフラグシップモデルでしたし、アプリがある程度動いて、Youtubeみたりするぐらいなら、これで充分なのかもしれませんね。

しかし、SONYを独立したVAIO株式会社もスマートフォンを出すと言っており、高価格帯のXperiaと中国製の格安スマートフォンの間の価格帯で売りたいと噂になっていて、このイオンで販売される旧型Xperiaセットと真っ向勝負になりそうな予感….

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする