PS4がYouTubeを公式サポートするFW2.0を予告!

シェアする

E3でも話題になったYouTubeのサポートについて

ps4

昨晩行われたgamescomの基調講演で、PS4が1000万台の販売達成報告とFW(ファームウェア)2.0の概要が発表されました。

目玉機能はShare Playですね。フレンドが遊んでいるゲームに自分が同じソフトを持っていなくても参加出来るようになります。

ソフト持っていなくても遊べるんですよ!

Co-op(協力プレイ)で遊べるゲームに参加出来ます。

モンハンのソフトを持ってなくても、友達がモンハン持っていればゲストキャラクターで一緒に遊べるってことです。

詳しい仕様は公開されてませんが、気になりますね。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

いよいよ公式にYouTubeをサポート

youtube-1

PS4はTwitch,Ustream,ニコニコ動画をサポートしており、生中継だけでなく、アーカイブに残すことも可能でした。

現行のFWでYouTubeにプレイ動画をアップロードするには、

  1. HDDへゲームプレイを録画
  2. USB機器に動画を書き出す
  3. PCに取り込む
  4. YouTubeにアップロード

というステップが必要でしたが、FW2.0ではYouTubeがサポートされるので、YouTubeへ直接動画をアップロード出来ます。

YouTube Liveをサポートするかは不明ですが、一旦ShareFactoryで編集してから動画をアップするのがオススメですね!

またYouTubeアプリも配信されるとのことで、動画を閲覧することも可能になります。

ポイントは収益化

収益化

YouTubeでは、動画を収益化出来ますが、ゲームプレイの著作権はゲームメーカーにあります。

勝手に動画をアップして収益化することは出来ません。勝手にアップして収益化してると動画を取り下げなきゃならなくなる場合もあるようです。

FW2.0でハード側、PS4が対応することで、配信禁止エリアになると配信中に画面が差し替えられます。

この機能があるので、どこまで配信してokなのかがユーザーにも分かりやすくなります。

海外メーカーのほとんどがゲームプレイをYouTubeにアップロードして収益化okというスタンスですが、日本のメーカーはまちまちです。

FW2.0以降、SonyがPS4での録画、ライブ配信についてガイドラインとルールを設けておけば、ゲームプレイ動画の取り下げなどの問題が出てこなく成って良いですね。

キャプチャーボードを買ってきて動画を編集して、アップロードしてという作業は本当に面倒だし、お金もかかるのでゲームプレイ動画が気軽にアップロード出来るようにある2.0が非常に楽しみです。

ゲームプレイ動画、ゲーム実況はYouTubeでも特に人気のジャンルですので、新しいスターが登場する日も近いもしれません。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする