PS4ゲーム実況をYouTubeにアップ出来るかも

シェアする

PS4のバージョンは2種類

これまでゲーム実況をするには、ゲームのキャプチャーボードが必要だったり、ヘッドセットを用意して、自撮りのカメラが必要だったりと中々敷居が高いものでした。その面倒くさいもの全てがなくなって、PS4の本体とネット回線があれば、簡単に配信できるんです!OSレベルでソーシャルメディアをサポートしてるのは大きい。

PSカメラつきモデル

PSカメラはPlayroomというロボットと遊ぶゲーム、YouTubeやニコニコ動画で人気のゲーム配信を行う時にカメラで自分を映して配信することができます。

カメラなしモデル

カメラがついていなくてもゲームはばっちり遊べます

スポンサーリンク
スポンサードリンク

PS4にはShareボタンがある

ps4 shareボタン

コントローラーのシェアボタンを押すと以下の機能が使える。

  • facebook:スクリーンショット、プレイ動画
  • Twitter:スクリーンショット
  • UstreamとTwitch:ゲーム配信

に対応しています。


ニコニコ生放送にも対応するようですが、こちらは別途ニコニコ動画のPremiumアカウントが必要みたいです。春から対応予定とのことです。

詳しくはこちら

ちなみ私はカメラつきを予約しています。ゲーム実況にはカメラ無いとね。カメラにはマイクもついてます。

PC版TwitchはYouTubeにミラー出来る

Twitch

ゲーム配信にはUstreamか、Twitchを利用することに成ります。YouTubeはなぜかサポートしていません。

どちらにしても配信を行うにはユーストかツイッチアカウントがないとダメなので、ゲーム配信プラットフォームのツイッチアカウントを作りました。

PC版のTwitchのアカウントを作りました。

アーカイブがYouTubeへ

twitch ソーシャルメディアアカウントの設定で、connectionsという項目があり、Steam、facebook、Youtube、Twitterアカウントとリンクする事ができます。(ログイン時にfacebookログインでアカウントを作ることも可能です。)YouTubeとリンクするとTwitchの配信アーカイブをYouTubeにアップロード出来るようになります!

注)ただしこれはPC版の設定なので、ps4から配信をしてこの機能が使えるかは不明です。

とりあえず配信をしてみたい人は、Twitchのアカウントを作っておくことをオススメします。

ps4が手元に届きましたら、実際に出来るかのか試してみます。また出来た場合の手順もこちらで紹介します!

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする