SIMフリーiPhoneが買えなくなって、Androidしか格安SIMが使えない?

シェアする

iphone サイズ比較

img via Apple

Apple Storeでのみ販売されていたSIMフリーiPhoneが昨晩急に販売中止に。

Apple Storeの店舗での販売も中止になっているようです(2014年12月9日時点)

SIMフリー版iPhoneは格安SIMが使え、本体のみ購入して格安運用出来るので人気の端末

昨年、ドコモがiPhoneを扱うようになって、日本でもようやくSIMフリー版が買えるようになったばかりなのに

またSIMフリー版iPhoneを使いたい人は海外版iPhoneを個人輸入するしかないんでしょうか…

スポンサーリンク
スポンサードリンク

AndroidはSIMフリーが豊富

Android端末は色々な会社から出ているので、格安SIMフリー端末(1万円)から高性能端末まで揃っています。

SIMフリー版ですが、ASUSの日本国内向けの製品は最初からMVNOの接続プロファイルがインストール済みだったり、LTEに完全対応していたりするして、docomoのMVNOを利用する準備OKな物が多いです。

というわけで、格安から順にAndroid端末を紹介してみようと思います。

ASUS Zenfone 5

ビックカメラなど量販店でも購入することが出来る国内向けにカスタマイズした端末

LTEバンドもしっかりドコモに対応済み

Google Nexus 5


Googleブランドのスマホです。特にAndroidをカスタマイズしておらず、生のAndroidが搭載しています。

日本ではY!モバイルも販売しています。

Xperiaシリーズ


日本国内ではSIMフリー版が買えないので、輸入するしかありません。LTE対応モデルでも、対応バンドに注意して購入する必要があります。

freetel


1万円ほどで買える日本のブランドです

iPhoneプランも微妙になったので

格安SIM運用を将来的に行いたい人は、スマホを買い換えるタイミングでAndroidのハイスペ、ロースペで自分にあったものを選んだほうがいいですね。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする