格安SIMが充実してきて、次にスマホを変える時は、iPhoneは止めた方がいいかもしれない

シェアする

3大キャリアのプランがひどい

収益化3大キャリア(ドコモ、au、SoftBank)は、談合しているかのようにカケホーダイプランとデータ従量制になりました。

そんなに通話しないのに基本料が値上げされて、データ定額(実質7GB)だったものが2GBからの従量制で値段が上がるシステム

私はiPhoneが使えればどこのキャリアでも安ければいいか。と思っていましたが、これにプラスしてMNPの割引も微妙になってしまいました。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

SIMフリーが良い

解除

現行プランのまま手入れがなければ、次期iPhoneは3大キャリアで利用するより、格安SIM+Androidが良さそうです。

SIMフリーiPhoneを買えばいいじゃん。という意見もありそうですが、円安の影響でSIMフリーiPhone 6/6+が値上がりし、かなり高額になっています。

そこで3大キャリアから格安SIMにMNPする方法がある。MNPで格安SIMに変更すれば、自分に合ったプランで契約できます。

格安SIMは低速980円や3Mbpsで使い放題プランなど豊富なプランが利用できる。

Nexus5またNexus 5など新しい端末でもiPhoneほどSIMフリー端末が高くない為、変更がしやすそう。

次期iPhoneに合わせて新しいプランを求む

3大キャリアは、格安SIMが脅威になりつつあるので、せめてLTEのデータ通信量だけでも7GB固定で4000円でにおさめてもらいたいです。

従量制になって、2GB/月で3500円って高すぎますよね汗

とはいえ、新型iPhoneの販売は3大キャリアにとっても1年で一番スマホが売れる時期、なんらか目新しいプランを来年は用意してくれるのを期待する

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする