近い将来、iPhoneに登録している指紋データがiCloudに保存されるかもしれない件

シェアする

Touch ID

アップルが指紋データをiCloudにアップロードする技術の特許を提出しているようです。

iPhone 5sが登場したときに指紋データの取り扱いについて説明がありました。

本体の特別な場所に保存

iPhone 5sは、A7プロセッサに指紋データを保存しています。iPhone 6だとA8プロセッサになります。

指紋データは画像で保存しているわけではなく、3種類の指紋パターンで照合し、特徴的な部分だけをデータ保存しているようだ。

本体内の守られた部分に保存されているデータなので、安全性が保たれていたが、アップルは他のデバイスでも使えるようにしようとiCloudにデータを保存しようとしている。

指紋データのデバイス共有

iCloudに指紋データをアップロードしておくことで、Apple Watchや他のAppleデバイスでもiPhoneで登録済みのデータが利用できる。

保存方法が画像ではないので、もしiCloudからデータが漏れても複製されることはないとの判断なんだろうか。

指紋データが複製できてしまうとApple PayもiOSデバイスのデータも全て突破出来てしまいます。

セレブの件もありますし、iCloudのセキュリティレベルをあげてもらうか、自衛しかありませんね。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする