Twitshotが日本語対応アップデート。iPhoneから写真を簡単、綺麗に拡散

シェアする

twitshot-logo

iOSアプリのTwitShotがアップデートされました。

今回のアップデートでようやく日本語に対するバグが取り除かれ、2バイト文字を打ち込んでも問題が発生しなくなりました。

twitshot前のバージョンでは、TwitShotで拡散しようとする際、サイトから取得した日本語は扱えたものの、テキストを編集する場面で日本語を入力すると同じ文字が連打されてしまい、使い物になりませんでした。

1.1のバージョンできっちり修正がされています!

スポンサーリンク
スポンサードリンク

iOSエクステンションで利用

TwitShotをインストールすれば、Safariのエクステンションに表示されます。出ない場合はエクステンションのその他から表示。
TwtiShot−safariエクステンションTwitShotからツイートすると自動的にOGPの画像を拾ってくれ、タイムライン上でも目立つように表示されます。

このように表示が目立ちますので、通常のツイートボタンよりもこちらの方が目立っていいですよね。

iOS版のダウンロードはこちら

TwitShot App

カテゴリ: ソーシャルネットワーキング

価格: 無料
なおパソコン向けにはChromeエクステンションが配布されています。

Chrome WebStoreはこちら

iPhoneを利用している時に自分のブログや、ツイートしたい記事があったら、TwitShotでPOSTしてみましょう!

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする