Twitterがfacebook、Googleに続きカルーセル広告のテスト開始

シェアする

Twitterカルーセル広告

Twitterがカーセル広告の導入テストを開始した。

facebookはニュースフィードに表示される広告にカルーセル広告を導入しており、Googleは検索結果にカルーセル広告を導入していた。

カルーセル型の表示は画像のサイズが大きく、次々に関連するものが表示され、クリック率が高い。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

タイムライン上に表示されるカルーセル広告

Twitterではタイムライン上にカルーセル広告が表示される。

タイムラインで広告が数個表示され、動画を埋め込みことが出来るようになっており、スワイプしていくと違う投稿型広告が何個も表示される仕組み。複数の動画を連続して表示できるので、プロモーション効果が高い。

今回のテストでクリック率が高いことが証明されれば、近いうちに全ての出稿希望者にカルーセル広告が開放されることになります。

Twitterはマネタイズの部分で非常に苦しんでいるとのニュースが多く見られますので、クリック率の高い広告を提供できるように成れば、収益が改善されることになります。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする