Twitterアプリがスマホにインストールしている他のアプリ情報を抜き取る。情報を抜かれない為の設定方法

シェアする

Twitter公式アプリが情報を抜き取るようになった

Twitter logo

img via Twitter

スマホ(iPhone,Android)のTwitter公式アプリのアップデートで、情報が抜き取られる仕様になりました。

自分のスマホにTwitter公式アプリがインストールされている場合、他にどんなアプリをインストールしているかリストを抜き出す。ということです。

直ぐに抜き取りが開始されるわけじゃなかった

この仕様が決定し、公表されたときにはまだアプリの設定項目にはオフにするメニューがありませんでした。最新のアップデート情報にも掲載されておらず、アプリ側には仕込んであって、Twitterサーバから順次有効にしているんでしょうか?

スポンサーリンク
スポンサードリンク

Twitterを見ていたらついに表示が

TwitterインストールSpam

この画像がTwitter公式アプリのタイムラインに突然流れてきました。

設定を確認するボタンを押すと設定画面にショートカットで飛びます。

「インストールされたアプリからTwitterをカスタマイズする」

TwitterインストールSpamSetting
この項目が他にどんなアプリをインストールしているかを抜き取って、Twitter側に送る設定です。

標準でオンになってるあたり悪意を感じますね。なんで勝手に自分が使っている他のアプリを教えてあげなきゃいけないのか。

同意した人だけがアプリリストを送ればいいわけ。

別に抜き取られて送られてもいいけど、やりかたが気に食わないので、オフにしてやりました。

Twitter公式アプリを利用していて、アプリ情報を抜き取りされたくない人は、

アカウント>設定>アカウント名>プライバシーで自分の状態を確認出来るので、上記の項目が表示されていたら、オフにしてやりましょう。

該当項目がない場合は、まだ取られてないので、今後やられます。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする