PS Vita 2000を1ヶ月使ってみた感想「Micro USBで充電出来るが地味に便利」

シェアする

Vitaを使い始めて1ヶ月が経ちました。

vita 2000

img via PlayStation

メモリーカードに入れたフリープレイだけで十分過ぎるほどに遊ばせてもらっています。

ちょこちょこ遊んでいるのですが、フリープレイなどで落として遊んでいるのは、

  • アンチャーテッド
  • ソウル・サクリファイス
  • 俺の屍を越えてゆけ(PSP)

他にも入れていますが、この三本がまだ全然終わりません。

PS Plus会員であれば、無料でフルゲームがダウンロード出来て遊べてしまうのは、かなりの太っ腹ですね

良かった点、悪かった点

Nintendo New 3DSが出た直後にVitaを買うというのは、私ぐらいなものでしょうか。なので、1ヶ月使ってみて気がついたことをまとめて起きます。

良かった点

Micro USBで充電出来る

初期型PS Vita (1000型)は専用の謎の端子でしか接続出来ませんでした。専用ケーブルを買わないと充電できず、電圧も高くないと充電できないようでVita専用のポータブル充電器が販売されているほどです。他のメーカーの物は使えませんでした。

独自仕様に拘り過ぎた失敗例ですが、PS Vita 2000型ではMicro USB端子に変更になっており、こちらで充電出来ます。

Micro USBケーブルを持っていれば、新しく買い足す必要もないし、100円ショップでも買えちゃいますね。

USBケーブルをパソコンなどのUSB機器に接続して充電することもできます。本機の電源を完全に切ってから充電してください。スタンバイモード では充電できません。電源を完全に切るには、電源ボタンを2秒押したままにしたあと、表示された画面で[電源を切る]を選びます。
PlayStation公式サイトより

ただし純正の充電器を利用しない場合(PCのUSBやスマホの電源アダプターなど)、電圧の関係上、一旦電源を落として充電する必要があるようです。

電池の減りはそれほど早くないとはいえ、ちょっと充電しようとなったときにパソコンから充電できちゃうので、ものすごく便利です。

素早くゲームに戻れる

スタンバイモード(スリープ状態)からの復帰がものすごく早い上、ゲームプレイを一旦止めてもそのまま保存さてて、スタンバイモード解除で直ぐに続きが出来ます。これがめちゃ便利です。

悪かった点

手の大きさの問題なのですが、この持ち方がちょっと慣れるまで時間がかかりました。

Vita back

img via PlayStation

中指と薬指を伸ばして本体を支えるように持ってしまい、Vitaでリモートプレイをするときは、背面タッチパッドが誤作動してしまいました。

また背面タッチパッドがあまり大きくないので、4分割してボタンが割り当てられてしまうと触り分けるの結構厄介なので、成れが必要です。

ハードとしての完成度は高い

PS2〜3クラスのゲームを持ち歩ける携帯機が2万円で買えるのはとてもいいですね。難があるとすれば、フリープレイで容量を使うので、高価な専用メモリーカードではなく、SDカードに変更してもらいたいです。

それでも皆さんが思っている異常に良く出来ているハードだと思います。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする