Apple Watchが初めてのWatch OSアップデート。アップデート内容とやり方

シェアする


Apple Watch OS

Apple WatchのOSアップデートがありWatchOS 1.0.1が配信されています。

今回は0.0.1なのでバグの修正と言語サポートの追加が主な内容になっていました。

初めてのアップデートで、Apple Watch自体にケーブルを挿したり、Wi-Fiにつないで直接も出来ないと思って不思議に思っていたので、アップデートがやってきたので、さっそくアップデートしてみました!

Apple WatchのOSアップデートの方法をご紹介

アップデート手順

Watch OSにアップデートがあるとiPhone上のApple Watchアプリの通知が出ます。私は出る前にアップデートしたので、設定部分にのみ出ていました。

iPhone側から画面が確認できるので、iPhoneと同じように進めていきます。

Watch OS updateアップデートする際の注意事項が表示されており、条件は

  • iPhoneとBluetooth接続できる場所にいる
  • 充電器に接続されている
  • 50%以上充電されている

を満たしていないと進めないようです。

詳しい情報をタップするとアップデート内容が確認できる

Watch OS update詳細

アプリが上手く動かなかったりしていたので、OSの細かいバグの修正もあったようです。

座っていてもスタンドアクティビティが計測されるバグがあったので、修正されているみたいです。

言語の追加については、今後発売していく地域の言語かと思います。

アップデート

ダウンロードしてアップデートをタップすれば、あとはiOSと同じようにアップデートが始まります。一旦iPhoneにWatch OSをダウンロードし、その後BluetoothでApple Watchにインストールするようです。

アップデートファイルのやり取りがBluetoothなので、iPhoneとApple Watchの距離が遠いと遅くなりそうだったので、2つを並べて置いてみました。若干早くなったかな??

アップデート後はいつもどおり腕につけてパスコードロックを解除するだけ。

今後もWatch OSのアップデートはあるのでやり方を覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする