Yosemite Public beta 6がリリース、このバージョンが正式版か

シェアする

mac_and_ios_mac_ios

開発者でなくても申請すればインストール出来るPublic βがβ6に、

開発者向けのOS X Yosemite GM Candidate 3.0が先行してリリースされていましたが、こちらと同じビルド番号になっているそうです。

GM(ゴールデンマスター)のバージョンが3回もアップデートされるのは、異例じゃないでしょうか。

Public βは開発者向けよりも遅く、ビルドが進んでから公開されており、かなり使える状態に仕上げてきていました。

今回のβ1からだいぶ改善され、β6が正式版と同等のものになりそうです。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

16日にアップルイベント

apple event 201410

今週16日(日本時間17日深夜)にアップルがスペシャルイベントを開催します。

OS X Yosemiteの正式配信が発表に成るはずだ。

イベントではYosemite搭載のMacとしてiMacやMac miniが発表されるとの噂

私も正式版となりそうなので、こちらのβ6をメインのMacbook Airにインストールしてみようと思います!

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする