人気無料FTPツール、cyberduckがYosemiteに対応!

シェアする

yosemiteロゴメインマシンにYosemite Public beta 6をインストールしてみました。

かなりサクサクと動いており、思っていたよりもYosemiteでも問題なく動くアプリ、ソフトばかりです。

このあたり、Mavericksとコアな部分はあまり変わってないでチューニングした感じなんでしょうか。

  • firefox
  • google chrome
  • MS Word
  • MS PowerPoint

上記はちょっと使いましたが、問題なく動いています。

ほとんどブラウザしか使わないので、不具合もなにも無いんですけどね笑

スポンサーリンク
スポンサードリンク

FTPが使えなかった

cyberduck-icon

だいぶ前に入れておいたFTPツール、cyberduck

※FTPはサーバにあるファイルを直接更新したりするのに使うツールです。

Yosemiteを起動したら、Javaの更新してください。って出ちゃいました。Versionが古かったのでしょうか。

思えばインストールしてから更新してなかった。というのもFTPツールは、更新するような作業がほとんど必要ないツール

サーバにアクセス出来て、ファイルが直接いじれればokなので、頻繁に更新チェックするような物でもなかったのです。

Yosemite対応版

cyberduckは有志が無料で作ってくれています。

使えなかったので、さっそく検索をかけたところ、ありがたいことにYosemite対応版がリリース済みでした。

バージョン4.5.2

更新内容について

— Folder contents in directory placeholders not listed (OpenStack Swift)
— Use version 2 for sealed resources for compatibility with OS X 10.9.5 and later (Gatekeeper)
— Synchronize fails to add new local files
— Wrong public key fingerprint displayed (SFTP)
— Other Windows specific issues

Mac App Storeからのダウンローではないので、Gatekeeperの設定に気をつけてくださいと書かれてます。

これからYosemiteにアップグレードする予定がある人は、先に更新をかけておくと良いですね。

ダウンロードはこちら

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする