iPhotoが廃止!次期アップデートで、iPhoneの写真アプリに近いPhotosに!

シェアする

Photos

OS X Yosemiteの最新バージョン10.10.3の開発者向けβが配布されています。

このバージョンからiPhotoが廃止されて、iPhoneで普段見てるあの写真アイコンがMacにも登場します。

photos-mac-ios

長年iLifeスイートでMacにバンドルされてきたiPhotoはこのバージョンで廃止。

Macの写真アプリをiPhoneのアプリに合わせていくあたり、いかにiPhoneがアップルにとって重要かがわかりますね。

Photosの機能

開発者登録している方がYouTubeに動画をアップロードしていました。

基本的な機能や、使い方はiOS版と同じですね。

Photos-viewPhotos-Edit

写真の編集、簡単なレタッチ、大量の写真から選んだり、まとめたり出来ます。

OS X 10.10.3になると自動的にiPhotoからPhotosに移行されてしまうようので、iPhotoが好きな人はアップデートしないことをオススメします。

OS X 10.10.3がインストール済みのMacを買うとPhotosが無料でバンドルされてきます。

なお、Appleが出しているプロ向け写真の編集ソフトApertureも開発を終了して、Photosのみになるようです。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする