そろそろYouTubeバブルがはじけるんじゃないか?と思うんです

シェアする

youtube-1

YouTubeが広まった背景には、誰でも動画を投稿できて、更にその動画が収益化出来るようになったことが大きな要因になった。

動画コンテンツを持っている人達は、動画をYouTubeにアップロードして、著作権を登録して、収益化することでアニメ作品なんかも無料で見れます。

再生回数が伸びまくった結果、動画マーケティングが重要視されて商品・サービスのコンセプト動画も多く掲載されるようになったのもYouTubeのおかげ。

気になる商品があれば、いつでもオフィシャルの動画で確認できますし、自社サイトへの掲載もタグをちょっと入れれば動画を掲載出来ます。

自社サイトに動画の掲載って一昔前だったら、大変だったんですよ笑

広告を挟むことで見れるんですよ

動画の冒頭に動画広告が表示されて、それを見れば公式に公開されているアニメなんかが見れて、配信側も潤う。

Huluなんかで月額980円払って動画を楽しむのもいいけど、YouTubeの方がお手軽で、いいですよね。だって見る側はお金払わなくていいんだ。素晴らしいシステムです!考えた人、天才やで!再生される度にチャリンチャリン!

レーベル単位の反旗

GIGAZINEにこんなNEWSが出ていました。

YouTubeの有料ストリーミングに750のインディーレーベルが反旗を翻す

YouTubeは有料サービスの開始に向けて世界中のメジャーレーベルと契約提携を進めていますが、インディーレーベルに対する提携条件がメジャーレーベルに比べて不公平な内容になっているため、インディーレーベルは契約を拒否しました。するとYouTubeは契約に署名しないレーベルに対してYouTubeから動画を削除する方針を明らかにしたため、該当するインディーレーベルが「不当な扱いである」として、「公平なデジタル取引宣言」を発表し、750ものレーベルが署名しています。

GIGAZINEの記事はこちら

コンテンツホルダーよりもYouTube側のパワーが強くなって、月額ストリーミング対応しないなら排除しますって事。自由に自分のコンテンツが出せないってことです。

インターネットの中立性を謳っていたGoogleさんらしからぬ方針ですね。

一方でこんな記事もあります

Googleのアプローチに限界が…疲弊するYouTubeと自由競争の功罪-msn 産経ニュース

記事はこちら

広告の単価が全体的に落ちているとのこと。みんなが収益化出来るように成ったのはいいけど、やたらめったら動画に広告が出るので、単価自体が下がっているようです。

iPhoneでちょっと撮って、編集してアップ出来る。それももちろん違反してなければ、収益化の対象です。

日本のYoutubeは商品レビュー動画だらけになってしまった

Youtuberと呼ばれる人が商品を紹介する動画が人気に成り、それで生活していけるぐらい稼げるように成った人達がいる。それはいいこと

商品紹介は、手軽に真似出来るので同じように撮って出す。HIKAKINみたいになりたいと同じように撮って出す。

真似して商品紹介動画が受けなくなると、Megwinみたいに体をはるか、犯罪スレスレの動画を出して再生回数を稼ぐ人が出るように。

再生回数が多ければ多いほど収益が上る見込みが高くなりますので、そりゃー再生回数稼ぎたいですよね。

バブル的に動画広告の単価が右肩上がりで上がり続けたようです。

個人的には今のYoutubeのトップページは煩わしいだけ。

いつしかYouTubeのトップ画面は商品紹介動画と自分のペット、無茶してる(ギリギリもしくはアウトな)動画しかなくなった。

商品紹介が別に悪いわけじゃないし、私も今でも商品紹介動画は見ます。

食べ物だったら、その人の主観がとっても大事だし、どこがどう美味しかったのか、どこが口に合わなかったが知りたいですよね。私の場合、特に悪かった点を述べてくれているチャンネルの動画を見ています。

それにしても新商品が出る度に動画がアップされるので、トップ画面の占有率は上がるし、オススメの動画欄の占有率も…全体的に掲載されている動画の質が下がれば、自ずと広告の単価は下がりますよね。みんな見なくなるから。

一時期動画を自分でも出してみたことがあったけど、自分で自分の動画がつまんねーと思って止めました笑

YouTube全体ではワールドワイドなので動画の再生回数はまだまだ伸び続ける。でも日本限定で考えれば、そろそろ下がっていきそうな気がしています。特定の有益なコンテンツホルダー(アニメ、キャラクターの権利者)のチャンネル以外は特に再生回数が減っていくか、収益が出なく成るんじゃないでしょうか。英語がペラペラの人は、英語で動画撮ったほうがいいと思う。パイがデカイから。

収益化が目的ではなく、単純に楽しんで動画公開を続けているだけの人にとっては、YouTubeのプラットフォームは素晴らしいスペックなので、活用したいところです。YouTube側も投稿する側もwin-winになれる施策が出てくればいいのですが、ちょっとむずかしそうですね。YouTuberで食べていくのは難しそうですね。

ずっと赤字を垂れ流し、Googleのお荷物サービスと言われてきて、動画広告を投稿動画の前に表示することでよーやく収益化してきたようですが、この先はもっとハンドリングが難しそうですね。このままの動画の品質が増え続ければ、出稿する側も減ると思うので、バブルがはじける気がしています。

でも今の状況って確実に通る道だと思うんです、ガーッと人気に成って動画で稼ぐ人が出て、みんなが真似してガーッと下がる。そしてまた増えていく。投稿される動画がそうやって磨かれていくんだと思います。なのでバブルがはじけても、続けていた人が次のビッグウェーブに乗れるんじゃないでしょうか。

商品紹介とかでチャンネル持ってる人は、続けたほうがいいですよ。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする