古い端末でも快適に動く!スマホのOSは軽量化へ

シェアする

Android 4.4 kitkatのイメージ

Nexus 5とともリリースされたAndroid 4.4 KitKat

古い端末でも

パフォーマンス改善がメインのバージョンアップで、メモリが512MBのスマホでも快適に使えるように使用メモリを減少させ、高速に動作するようになっています。

Androidを搭載するスマホでは1GB以上のメモリを搭載しているのがスタンダードになっているが、後進国向けのスマホもサポートしたいGoogleがメモリを減らす戦略で出来たOSだ

スポンサーリンク
スポンサードリンク

OS Xもメモリ圧縮

OS X Mavericksのロゴ

先日リリースされたMavericksもメモリ圧縮搭載
現在販売されているMacの標準は4GBメモリが搭載されている。数年前では考えられないほどのメモリ容量だ。
4GB以上のメモリを通常使用では必要ない。むしろそれ以下の環境で使っているユーザー数の方が多く、古いMacでもサポートしている。

OSは軽量化へ

急激にメモリ容量が増え、それに合わせるようにOSが重くなっていったが、ここに来てパソコンは4GB、スマホは2GBあたりで頭打ちになりそうだ。

特にスマホは搭載容量が多いとそれだけバッテリーの減りが早くなる。

現行のOSを最適化、パフォーマンス改善を行い旧機種でも高速に動作するようにし、OSのアップデートを促し新しいビジネスモデルに参加してもらう狙いもあるはずだ。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする