carplayがリリース間近、前例からアップルを読み解く

carplayApple

Carplay(旧iOS in the car)がリリース間近

carplay

ということで、アメリカのAppleホームページで発表になりました。carplayでは、車載システムに接続したiPhoneを音声で操作したり、社内システムを直感的に利用できるシステムになってるそうです。

最初に使えるのは

  • 電話
  • メッセージ
  • 地図
  • 音楽

こちらのアプリが利用可能だそうです。音楽アプリは、PodcastやSpotifyなんかも使えるようです。いよいよもって、カーナビ機能しかない車載システムは邪魔者でしか無いですね。

新しい事業に参入する前のAppleの戦略

なんでアップルは自動車を製造しないのか?と思った人もいるだろう。Googleは全自動の車を造っている。

新しい事業に参入するときにアップルはソフトウェアから試すようでだ。まずは車載システムとiPhoneをリンクさせて使えるようにした。手持ちのソフトウェアを汎用型にして、既存のメーカーに機能を提供するやりかたです。

iPhoneがそうだった

アップルがiPhoneを出すずっと前(Newtonはおいといてw)、アップルはiTunes PhoneというのをMotorolaと一緒に作ったことがる。

Motorola iTunesこのMotorolaの電話には、iTunesボタンというのがあって、ボタンを押すとiTunesから転送した音楽が聴けるという電話。

要はiPod+ガラケーって感じ。デザインは極めてダサいでしょ?

だってアップルはiTunesをカスタムしてテストしたかっただけなんだもん。

本体のデザインなんてしてないし、ウラでiPhoneのプロトタイプ作ってた時期じゃないかな?

こういう前例があるので、アップルはいきなり車は製造しないんだと思う。一方でApple TVなんてセットBOX作ってからTVに進出する気配もあるみたいですが。

Carplayである程度イケる!となったら

googleの全自動運転車

いよいよ、全自動のスマートカーを創るんだと思う。

全自動化カーの問題点は地図と車間距離認識システムだろう。既に地図はアップルが独自の地図を作って採用している。精度はGoogle Mapと比べちゃダメな子だけど。地図の精度が上がって、車載システムが完璧に成ったら後は、自動運転している間に他の車にぶつからず、駐車出来ればok。車間距離に関しては、車メーカーが既に搭載しているし、自動駐車も問題ないだろう。

システムが組み上がってしまえば、後は電気自動車としてリチウム電池で走らせればok。リチウム電池でノウハウはiOSデバイスでかなり蓄積されているはず。社外から車のエンジニアを採用したら直ぐにでも取り掛かれるだろう。

日本の車メーカーも気をつけないと、イノベーション起こされて抜かれるね