Apple Watch シリーズ3、ついにLTE対応!これが本来のコンセプトだ。

シェアする

Apple Watchの最新モデルシリーズ3がiPhone 8/8 PlusおよびiPhone Xと一緒に発表になりました。

Apple Watch シリーズ3

シリーズ3では、Apple WatchにCellularモデルが追加され、単体でLTE通信を利用できるようになりました。Cellularモデルには、SIMカードを挿す場所は存在せず、eSIMと呼ばれる汎用SIMが組み込まれている。

利用するにはiPhoneと同じキャリアでApple Watchでも利用する必要があります。

Apple Watch Series 3(GPS + Cellularモデル)を利用するには、iOS 11以降を搭載したiPhone 6以降が必要です。Apple WatchとiPhoneのサービスプロバイダが同一であることが必要です。サービスプロバイダによっては通信機能を利用できない場合があります。ローミングは通信事業者のサービスエリア外では使用できません。携帯電話サービスを利用するには、通信サービスプランへの加入が必要です。詳しくはサービスプロバイダにお問い合わせください。

iPhoneはドコモ、Apple Watchはauみたいな使い方は出来ない。

番号をシェアするサービスは、AppleがiPhoneを販売するキャリアに要請した機能のようです。お使いのキャリアの紹介ページをご確認ください。

ドコモ(ワンナンバー)ソフトバンクau(ナンバーシェア)

私が契約しているドコモですと契約500円、月額500円で180日間の無料キャンペーンが行われわれるようです。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

これが新のApple Watchのコンセプト

Apple Watchが登場したとき、iPhoneとの接続をブルートゥースで行う仕様にしました。

これはApple Watch側のLTEを組み込んだときのバッテリーの保ちや、技術的な問題に対するアプローチだったのではないかと思います。

実際に私は初代(無印)のApple Watchを購入して利用していましたが、Apple Watch側で何かを行おうとすると物凄くレスポンスが遅かったです。

Apple Watch 42mm ホワイトスポーツバンドをゲットしました
Apple Watch Sportではなく、Apple Watchを購入。いくらなんでもEditionは買えません笑スポーツモデルは黒とピンク以外は在庫が結構あったみたいですね。 池袋ビックカメラApple watch在庫状況 pic.twitter.com/JNwf4TnWCT ...

iPhone側にいちいちアプリデータを取りに行って、それをApple Watchで表示するような処理でした。その後、Apple Watch側にキャッシュしたりする仕様になりましたが、それでもやはり読み込みに時間がかかりました。

今でも地図を表示しようとすると数分かかります。これでは使い物になりません。

ここからがApple Watchの本領発揮

高速処理、LTE通信でAppleが実現したかったであろう、本当のウェアラブル端末としてのApple Watchが提供されるようになる。

シリーズ3は、Apple Watchの内部のチップもS3まで進化、アプリを単独処理させるようになったので、Cellularモデルのみ16GBのSSDになっています。

LINEの履歴などのキャッシュとApple Watchのみで動くようにアプリのデータが大きくなることに対応する為でしょうね。

Apple Watch側でLTE通信を行い、アプリを走らせても問題ないパフォーマンス(アプリの起動速度、省電力性能によるバッテリーの保ち時間)が得られて今回の発売になったと思います。

  • iPhoneをカバンにしまったまま、Apple Watchで地図を起動して、目的地まで行く。
  • iPhoneなしで、使っている番号にかかってきた電話に出る、かける。
  • 外に走りに行くときは、iPhoneは家に置いておいて、Apple WatchをつけてワイヤレスヘッドホンでApple Musicを聞きながら走る
  • iPhoneなしでコンビニで買い物。支払いはApple Payで。

これまで母艦になるiPhoneがないと何も出来ませんでしたが、Apple Watch自体が通信できるようになったことで、使い方が大幅に広がりそうです。
iPhone Xを予約する予定ですが、少し後なのでApple Watch シリーズ3を予約してレビューしてみたいと思います。
ドコモユーザーなので、ドコモのオンラインshopで予約したいと思います。

予約開始はiPhone 8と同じく、2017年9月15日の16時1分からです。欲しい方はお忘れなく。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする