クラウドファンディングが熱い!寄付から株式投資へシフトする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
トレンド

クラウドファンディングは本格的な株式投資へ

TechCrunchでニュースを知りました。

新しいプロジェクトに寄付金を払って、プロダクトなどをお礼としてもらう(引き換え券)として、プロジェクト運営者が資金調達を行うクラウドファンディング

アメリカではかなり浸透しているようです

KICKSTATER

キックスターターのロゴ

http://www.kickstarter.com
たぶん世界で一番のクラウドファンディングサイトです

スポンサーリンク

クラウドファンディングによる株式投資が出来るように

アメリカでは、報告義務や調達金額の上限など細かな規制案が出て、株式投資が出来るようになるそうです。

これまでスタートアップの資金調達といえば、VCやエンジェルからの投資が主でしたが、プロジェクトの会社を作ってリターンとして株式を渡すクラウドファンディングが出来るようになるそうです。

共感したら、出資が出来るようになる。多くの金額をクラウドファンディングを通して出資すれば、株式が帰ってきて、上場したら…なんてストーリーがアメリカでは出来るようになるんです。

日本のクラウドファンディングはまだプロジェクトからの物のリターンが主で、スポンサー企業が入ってきたりしていますが、まだまだ始まったばかり。
〇〇に特化したクラウドファンディングというのが、ポンポンポンとあるぐらいで、どこを見ていいいか良くわからない感じ。そもそもあまり日本ではクラウドファンディングが浸透してない気がする。

日本のクラウドファンディング

マイクロパトロンプラットフォーム、キャンプファイヤーのロゴ

CAMPFIRE
http://camp-fire.jp

クラウドファンディングサービス、readyforのロゴ

READYFOR?
https://readyfor.jp

この2つが日本のクラウドファンディングを引っ張っています。

日本でもスタートアップの為に株式投資がクラウドファンディングで出来るようになるんでしょうか。非常に楽しみです