facebook広告を出してみたら、弾かれた。試しにやってみると勉強になる

シェアする

facebook logo
仕事で今後facebookに広告を出すことが増えそうなので、テストとしてこのブログページの広告を出稿してみました。

facebookからの流入って凄く強いので、やっておかねばなりません。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

というわけで出稿する

良くわからないので、facebookページから宣伝するボタンをクリック!

今回はPOSTを宣伝してみます。ブログへの流入が目的です。

1日100円から宣伝出来て、連続して宣伝することが可能です。200円なら2日間、300円なら3日間〜

配信地域、年齢、性別、興味を選んでいくとどれくらいの人にアプローチ出来るかが表示されます。

100円で500から1000人ぐらいにアプローチ出来たので、100円で出稿してみました。

au walletカードが使えるかと登録しようとしましたが、出来ませんでした笑

支払いはクレジットカード、PayPal、facebookクーポンだそうです。

一旦審査に入るらしい

広告を出稿すると広告マネージャが出てきて、出稿した広告が審査に入ってました。

そんな大げさな審査なんてないだろうと、出してみたものの

結果、取り下げをくらう

朝起きたら、こちらが記載されたメールが来てました笑

facebook広告ガイドライン違反ガイドライン読んでねえ笑

簡単に出稿できるのにガイドライン表示に気が付か成った汗

画像の中に文字が多すぎるぞ!っていう違反だったようです。

こうして実際に出稿してみないと気が付かない仕様があるので、とても勉強になりました。

今度は、ガイドライン読んでから出稿してみたいと思います。

The following two tabs change content below.
hideokazuo

hideokazuo

プロジェクトマネージャー WEBサイト・サービス、スマホアプリ(iOS/Android) 趣味は、WWE(プロレス)、RIZIN(総合格闘技)、KNOCKOUT(キックボクシング)とプロ野球観戦 カメラは、EOS 80D、仮想通貨はRipple握ってます。
スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする