ロリポップサーバーが無料SSLに対応したので、さっそくhttps化!作業時間は5分ほど完了

シェアする

セキュリティ

このブログで利用しているロリポップサーバーが無料SSLの「Let’s Encrypt」に対応したので、さっそくSSLをつけてサイトをhttpsにしました。

Let’s Encryptはエックスサーバーではすでに導入されており、正直引っ越しを考えていたので嬉しい限りです。SSLの証明書を自分で取得しようとするとかなりコストがかかりますので、サーバー側でLet’s Encryptに対応してくれたのはありがたい。

SSL化しなくてもいいじゃないかと思われますが、GoogleはSSLを推奨しており、Chromeだと警告が出てしまって表示されないケースもあります。またSEOの効果もあるので、SSLをつけましょう。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

ロリポップサーバーでWordPressサイトのSSL化、手順

実際の作業時間は5分ほどです。手を動かさず設定が反映される時間のほうが長かったので、すぐに反映されなくても待ちましょう。

エックスサーバーで移行作業をしたこちら

WordPressをhttpからhttpsにSSL化した全手順まとめ(エックスサーバー環境)

を参考にWordPressサイトのSSL化をロリポップサーバーでもやってみました。

まずは、WordPressのバックアップ

BackWPupなどのバックアッププラグインでWordPressのデータを手元に圧縮ファイルで保存しておきましょう。失敗してもBackWPupから復元出来るので、バックアップしておけば安心です。

次にロリポップサーバーのユーザー専用ページにログイン

独自SSL設定ボタン

独自SSL証明書を選択すると登録されているドメインが表示されるので、SSL化したいドメインで「独自SSL(無料)を設定する。」を押します。5分ほどでサーバー側に設定が反映されるので、しばらく待ちます。

SSL保護申請中からSSL保護有効になればOKです。変更したドメインにhttpsでアクセスしてみましょう。

SSLに変更中に出るエラー

こちらも反映時間がかかるので、画像のような文言が出てしまうかもしれませんが、少ししたらhttpsでアクセス出来るはずですので時間をおいてリロードしてみましょう。

サイトが表示されたらOKです。

WordPress側の設定

WordPressの管理画面から、httpになっているところをhttpsに書き換えます。

WordPress URL設定

httpsに書き換えて保存するだけでOKです。

内部リンクの書き換え

サイト内でのリンクがhttpになってしまっているので、httpsに書き換えてあげる必要があります。プラグインで一括変更出来るので、Search Regexで全て置換してしまいましょう。

Search Regexを開いたら、httpのURLを検索して、ReplaceにhttpsのURLを入れるだけです。

最後にリダイレクト設定

ロリポップFTPでサーバーにアクセスすると.htaccessのファイルがあるので、https以外でアクセスがあった場合にhttpsにリダイレクトする処理を入れておきます。

参考にさせていただいたこちらに

WordPressをhttpからhttpsにSSL化した全手順まとめ(エックスサーバー環境)

コードが出てますので確認しながらリダイレクトを設定してみてください。

ざっとエラーが出てないかサイトを確認して終わりです。

WordPress側のSSLはあっといまに終わります。ここまで手を動かす時間は5分ほどでいけると思います。

あとはサーチコンソールやGoogle Analyticsなどもhttpsの物を登録するのを忘れないようにしましょう。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする