新しいiPhoneを買ったら、古いiPhoneを有効活用しよう

iphone 4s-ipodApple

新しいiPhoneを買ったら、古いiPhoneどうしますか?

スマホに不満

以前、機種変更が割高で全くお得じゃないというのは、紹介したと思います。

ソフトバンク→auへMNPで月額約2900円に。激安で毎月使う方法!
ソフトバンクからMNPしました 未だにiPhone 4sだったので変えたいなーと発売時に思っていたのですが、4sの発売日組でも支払いの関係上、一月ずれて割賦が支払われていたので、どのみち待つかーってことで、ios7入れて4sを...

 

手元に残ったiPhone 4sを有効活用する方法

MNPで新しいiPhoneを手に入れると機種変更のように下取りしてもらえないケースがあります。

 

auさんはソフトバンクのiPhone 4sは下取りしてくれませんでした。

 

私の場合はMNPでiPhone 5sを買って、iPhone 4sが手元に残りました。

 

そんなときどうしますか?

その1.下駄を履かせて格安SIMで運用する手段

iPhone 4sの場合は、GPPというSIMカードと一緒に指す下駄と呼ばれるアダプターが存在します。

 

iOSバージョンによっては動作しないが、これでロックがかかっているiPhoneをSIMフリー端末にしてしまおう。という寸法。

 

格安SIMだと980円〜で低速で使い放題だったりします。テザリングも出来る。

 

ただし動かないこともあるし、低速SIMが必要でしょうか?

下駄も買わないとダメなので却下です。

スポンサーリンク

iPodとして音楽だけを入れて使う

普段から私はiPhoneとiPodを持って歩いてます。

音楽を聴く

iPhoneで音楽聴きながらネットを見てると新しいiPhoneでも、どんどんバッテリーが減ってしまいます。

 

これが凄く嫌なので、普段から2台もって歩いてましたので、手順を紹介します。

手順1、iPhoneの音楽以外のデータを消す

まず、iPhone 4sのデータを全て消し去る。

 

音楽データだけにしまっせ。

 

復元で全部消してしまうか、手作業で消します。

  1. 消せるアプリを消す
  2. iCloudの同期を解除
  3. iCloudのバックアップを削除
  4. メールアカウントも外す、消す
  5. 写真の削除

 

結構面倒なので、新しいiPhoneにデータが移行してあれば、iTunesに接続して復元ボタンで消してしまうのがいいかも。

手順2、音楽を突っ込む

消せるデータを全て消すと16GBでもかなりの容量が使えるようになります。

 

iTunesに接続して音楽を同期してしまいましょう。私の場合は手持ちの曲が全て入る容量ではないので、必要な曲だけ選んで同期!

手順3、通信機能は全てオフ

iPhoneをiPodとして使う場合、もう通信機能は必要ありませんよね?

 

なので全ての通信機能はオフにします。

 

SIMが使えなくなっているので電話機能は現状使えないですし、バッテリーが減るような使い方はしません。

オフにする機能その1、機内モードにする

iOS setting

機内モードにすることで、電話回線を探さなくなります。

オフにする機能その2、Wi-Fiとブルートゥースをオフ

WiFiをオンにしておくとiPhoneがどこかにWi-Fiがないかと探し続けます。

 

見つからないとずっと探してしまい、かなりバッテリーを消費してしまいます。

 

音楽を聴くだけならWi-Fiは必要なし!

 

ブルートゥースは、ワイヤレスイヤホンを利用している人に限りオンにしておきましょう。

 

iPhoneがiPod touchになりました。

iphone 4s-ipod

これで私のiPhone 4sがiPod touchになりました。

 

iPhone 4以降の使い終わった端末をお持ちでしたら上記の手順でiPod touch化してしまうのをオススメします。

 

iPhoneにはノイズキャンセル用のマイクがついてますし、古いiPodより音質が良い。