iPhone 5で使えるLTEは凄く速い!速過ぎる!

シェアする

実機のiPhone 5

発売から数日して、店頭でiPhone 5を触ることが出来ました。

少し触った感じでは画面サイズがアップして、サイト表示が広くなり、本体も薄くなったので持ちやすい印象でした。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

新機能の目玉はLTE

何と言ってもLTEのです。

iphone LTE

LTEとはLong Term Evolutionという意味で、3G回線よりも進んだ3.9世代と呼ばれる回線なのですが、4Gと呼ばれる第4世代に含まれる回線になります。

LTEは高速な回線で、自宅でADSLを利用している人はLTEの方が速いですね。

iPhone 5でLTEのスピードテストをした人の情報によると最大で60Mbpsほど出ている人もいるようで、場所によって様々ですがLTE回線が入るところなら自宅の無線LANよりも高速通信が可能で、快適にiPhoneを使えるようです。

触ったときもsafariでwebブラウンジングした時もページの読み込みが一瞬で完了し、ひじょーに快適でした。読み込みが速いので3G回線のようにワンテンポ表示が遅れることもなくサックと表示されて、とても魅力的な製品ですね。

ちなみにdocomoもxiという名前で既にLTEを提供していますが、iPhone 5の海外モデルのSIM Free版、いわゆるどこのキャリアでも使えますよという端末を輸入してdocomoのxi SIMを挿しても3G回線のみが使え、xiのLTE回線はiOS側で利用不可能の制限がかかっている模様です。

この規制はdocomoが正式にAppleと契約して販売キャリアにならない限りは解除されないと思われ、脱獄して解除する猛者が出てくるまで使う事は出来ないでしょうね。

iPhone 5を国内で利用したい場合は正規の販売キャリアであるauかSoftBankで利用するのが一番良さそうです。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする