iPhone 6 Plusを買って後悔しない為、iPadやWatchの事も視野に入れておこう

シェアする

iPhone 6

6 Plusをゲットしたはいいけど、大きすぎる!という人が多いみたいです。

Twitterで「iPhone でけえ」で検索するとたくさん出てきます。

6 Plusは片手で使う感じではないのですね。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

大きさの決め方

iPhone 6 apple pay

iPhoneの大きいのが欲しいか、iPadの小さいのが欲しいかで選ぶとわかりやすいかもしれません。

  • iPhoneの大きいのが欲しい!→iPhone 6
  • iPad miniより小さくて、電話したい。iPadの代わりにしたい→iPhone 6 Plus

という決め方がスマートかもしれません。

iPadでドコモ、au、SoftBankの3キャリアの回線付きで持っていて、iPad専用アプリはいらないという人は、6 Plusに回線をまとめられます。

まだアプリ側が対応していないようで、Twitter公式ぐらいしか画面サイズを活かせてないですね。

注意点としては、6 Plusを買った場合、殆どの人がケースを付けると思います。そうなった場合、最低でも一回り大きくなるので、注意です。

サイズ比較

6 Plusの本領発揮はWatch発売後

私はポケットに入れて使っているので、6 Plusでは厳しそうです。このサイズアップを補う為にWatchをリリース予定なんしょうけど、Watchはいつになるか不明なんですよね。

iPhone 6 Plusはカバンにしまっておいて、基本的な操作はWatchで行い、調べ物をするのにインターネットを閲覧したりするときに初めてカバンから取り出して使うことを想定している

iPhone 6 Plusを買う人は、Watchを買うまでは100%機能を引き出せないと思っておいたほうがいいかもしれないです。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする