iPhone 8が出る時期が迫ってきているので、少しでも安く買うために必要なこと。

シェアする

毎年9月になると新しいiPhoneの発表・発売の時期になります。

毎年6月にアメリカで行われているWWDCで開発者向けにiOSとmacOSの新バージョンのレビューとベータ版の配布が始まり、開発バージョンが進んでいきます。

iPhone

8月末にもなるとかなり開発バージョンが進んでおり、問題なく使える状態にほぼなっています。

合わせて、新しいiPhoneの全体像が噂として出てきており発表がもうすぐなんだな。という期待が高まってきます。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

貯まったキャリアのポイントはiPhoneの購入に使える

iPhone 8と呼ばれるホームボタンを廃止した新しいiPhoneは、値段が999ドル〜と言われており、日本円で約11万円とかなり高額です。ドコモなどの各キャリアは今年も割賦販売を行うと思われますが、10万円を超えるかどうかで戦略的にかなり変わってきます。

ドコモのように割引額が減額されるが、10万を下回る価格に割引してもらえると審査が直ぐに終わるので、割賦購入を予定している方は10万円を超えるかどうかで判断するのが1つ重要なポイントです。

さて、高額になったiPhoneを誰しも少しでも安く買いたいと思っているはず。

キャリアのオンラインショップでも購入時にポイントが利用できるようになっているので、使わない手はありません。

キャリア版を利用している方は、ドコモはdポイント、ソフトバンクはTポイント、auはau walletポイントが貯まっているはずです。

私はドコモを利用しいますので、ローソンやマクドナルド、東急ハンズでdポイントが貯まる・使えるようになっています。

docomoのdポイントカードでポイントを貯めて機種変更に備えよう
docomoでは、au WALLETみたいに決済でポイントを貯められないのかな?と思っていました。デビットカードタイプのカードをドコモは用意していませんが、ただポイントが貯まるカードが存在します。アップルストアで買うとこの辺りの訴求も特に無いので、抑えておきたいポイントです。...

更に貯めたい人は、dカードゴールドを作れば通話料がポイント10倍になっています。

dアカウントをお持ちの方は、こちらから確認出来ます。dポイントクラブ

iPhone 6sを1年半前ほど前に契約し、今年に入ってからdカードゴールドを発行して、1万ポイント以上貯まりました。私の1回線のみでこれだけ貯まったので、シェアパックなどに加入している方はもっとポイントが貯まっているのではないでしょうか。

まるっと新しいiPhoneを購入する時に割引することが出来るので、貯めておくといいですね。

下取り割引も合わせて使いましょう

キャリア版を購入する方は、iPhoneを下取りしてくれるキャンペーンを継続して行う可能性が大。

2016年9月からのドコモiPhone下取りキャンペーン

画面割れや、水没していると下取り対象外になってしまうので、AppleCare+に加入している場合で修理の回数が残っている人は交換しておくことをオススメします。

ただ、スマホの中古を扱っているお店で買い取りに出したほうがオトクな場合があるので、よく調べてから下取り申し込みにするか、買い取りにしてもらうか決めましょう。

iPhone 8と噂になっている新型iPhoneは在庫供給が非常に少ないとのことなので、予約が始まったタイミングで直ぐに申し込みを行わないとかなり待つことになりますので、購入を希望している方は、事前にポイントの確認と下取りキャンペーンをよく確認しておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする