動画編集、高グラフィックゲームもVRゲーム、仮想通貨のマイニングも外付けGPUを繋げばMacが快適になる。

シェアする

最近、Macの性能を強化できるeGPUに興味があります。

gpu

macOS high Sierra から正式にOSがサポートを始めたのですが、もちろんWindowsでも使えるので、ブートキャンプでも利用できます。

私のMacbook Pro 15インチでもRadeon Pro 555というもので、ノートブック(モバイル)に収まる程度の性能しかありません。それでも結構な性能ですが。

外付けGPUですのでグラフィックスペックが高くないMacBook AirやMac miniなどのMacを使っていても後から強化することが出来ます。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

そもそもeGPUとは

External GPUのことで、外付けのGPUになります。

eGPU

外付けHDDと同じように考えれば簡単な話で、ノートブックでも自由に拡張して利用でき、スペックの向上が見込めます。

macpro

Windowsデスクトップだとグラフィックボード自体を交換できるので、必要なときに必要なスペックのGPUに交換すればいいのですが、Macシリーズだと旧式のMac ProでしかGPUを交換する事ができませんでした。

imac

iMacやMacbook Proを購入してもパーツ交換不可なので、デスクトップクラスのGPUは利用不可でした。

※2018年のMac Proはモジュール型になるとの噂なので、グラフィックボード交換が出来るようです。

そこで、Thunderbolt3接続で外付けの箱に入れたGPUを接続することで、内蔵されているGPUから外付けのGPUに変更して処理することが出来ます。

eGPUを利用することでの恩恵

MacユーザーだとFinal Cut Pro Xを利用して動画編集している人も多いかと思いますが、編集後の書き出し速度がエンコードにGPUを利用しているのでeGPUによって高速化されます。

最新のゲームを遊びたい場合も内蔵GPUだと遊べないけど、eGPUを接続することで遊べるようになるタイトル、フレームレートが高くなりヌルヌルで遊べるようになる場合もあります。

開発者などの人は、AR/VRなどの仮想デバイスの開発に対応できるほか、仮想通貨のマイニングや機械学習の処理をeGPUにさせることも出来ます。

GeForceでもRadeonでもMacで使える

外付けGPUなので、eGPUボックスに収まればドライバがNVIDIAとAMDから配布されているのでドライバをインストールすれば基本的には利用できます。

デスクトップGPUは巨大なので注意してください。買ってみたらeGPUボックスに収まらないなんてこともあるかも。

Macで使えると言われているeGPUボックスをいくつか載せておきます。

デスクトップGPUは、ハイスペックからローエンドまでありますが、内蔵されているGPUよりスペックの高いものを買いましょう。

Geforceシリーズ

GPUといえば、Geforceを思い浮かべる人が多いと思います。業務用からローエンドまでかなりの種類を揃えています。

AMD Radeonシリーズ

CPU Ryzenが人気のAMDのGPUシリーズで、近年のMacシリーズに搭載されています。

かなり強化出来るはずなので、GPU性能で困ってる方は検討してみてはいかがでしょうか。

The following two tabs change content below.
hideokazuo

hideokazuo

プロジェクトマネージャー WEBサイト・サービス、スマホアプリ(iOS/Android) 趣味は、WWE(プロレス)、RIZIN(総合格闘技)、KNOCKOUT(キックボクシング)とプロ野球観戦 カメラは、EOS 80D、仮想通貨はRipple握ってます。
スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする