Apple Watch シリーズ3で利用しているSuicaカードをSuica定期券に変更する方法

シェアする

Apple Watch シリーズ3を購入してSuicaを設定しています。

iPhone 6sとApple Watchシリーズ3の組み合わせでSuicaを使えるようにする方法
Apple Watch series 3を購入したことで、iPhone 6sでもApple Payの店頭支払いが出来るようになったので、さっそくSuicaを新規発行してチャージするところまでやってみました。iPhone 6s以前のiPhoneでもApple Payが利用できて大変便利です。

通常のSuicaカードとして設定してありますが、せっかくなので定期券としても利用したいので、SuicaカードからSuica定期券に変更してみました。

iPhone Suicaで改札を通る

iPhone 6sだと手元のSuicaカードを取り込むことが出来ないので新規発行するしかなく、定期券を引き継ぐことが出来ませんでした。取り込みには、iPhone 7以降のiPhoneが必要です。

手元のSuica定期券が期限切れになったので、登録してあるモバイルSuicaを定期券に変更してみました。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

モバイルSuica定期券に変更する

インストール済みのSuicaアプリを起動します。

表示されているSuicaを選択して「チケット購入・Suica管理」をタップ

追加で新規でSuicaカードを発行する必要はありません。エクスプレス設定出来るカードは1枚なので、定期券を別途持ちたい場合でのみ新規発行しましょう。

モバイルSuica設定メニュー

定期券を選択し、あとは入力欄に沿って駅名、区間、利用期間を指定してきます。

最後に支払いですが、Suicaをチャージするのにアプリ側にクレジットカードを登録していれば、登録済みクレジットカード、Apple Payを使用している場合はApple Payで定期券を購入することが出来ます。

領収書が必要な人はWebからダウンロード

定期券を購入したら、領収書が必要な人がほとんどだと思います。

領収書は、JR東日本のサイトからダウンロード出来ます。

モバイルSuicaウェブサイト

会員メニューを選択して、購入したSuicaのIDとパスワードでログインすると利用履歴とPDF領収書の発行が可能になっているので、必要なものをダウンロードしましょう。

設定が完了したら、あとはかざすだけ

ここまでエクスプレス設定してあるSuicaがSuica定期券変更されました。

iPhone モバイルSuica定期券

電車に乗るときもApple Watchを改札機にかざすだけで電車に乗れます。

私は左手に時計をするのですが、右側にバスでも電車でもリーダーが設定されていてタッチしにくいかな?と思っていましたが、意外と気にならないレベルで使えています。まだ読み取りに失敗して乗れなかったなんてことはありません。

iPhone 7以降の端末に買い替えた場合は、Apple WatchからSuicaカードをiPhoneに移動する事もできます。どうしても使いにくい場合は、新機種でiPhone側に移動させて使おうと思います。

いつでもクレジットカードか、Apple PayでSuicaにチャージ出来て、定期券区間外で乗り降りするときにチャージ忘れもなくてとっても便利です。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする