WWDCでAppleもサービス開始か?音楽聴き放題サービスが熱い!

スポンサーリンク
ビーツミュージック Apple

ビーツミュージック

音楽聴き放題サービスが熱いです。今夜行われるWWDC 2015でAppleが音楽聴き放題サービスに参入する噂が出ています。

AppleはヘッドホンメーカーであるBeatsを買収しました。Beatsはヘッドホンだけでなく音楽聴き放題サービスであるbeats musicを提供していました。

スポンサーリンク

様々な音楽聴き放題サービス

ドコモやauなどのキャリアが提供しているサービスなど本当にたくさんあるのですが、今回は始まったばかり、もしくは今後始まる新しいサービスをまとめて紹介します。

Spotify

YouTube

Spotify自身は月額料金は9.99ドルで提供していました。

AWA

awaアプリ

先日話題になったサイバーエージェントが提供している音楽聴き放題サービスです。

月額料金はライトプランが360円、Premiumプランが1,080円

LINEミュージック

YouTube

LINEが提供する音楽聴き放題サービスで、LINE内の会話で音楽を共有することが簡単に出来る様です。

月額料金は不明

Appleが提供するサービス

YouTube

動画は買収されたbeatsのアプリです。

新しいサービスは、月額料金は10ドル(約1200円)ほどと言われています。ちょっと高いですね。今夜のWWDCで値段がハッキリとリリースされるので、待ちましょう。

YouTubeが定額の音楽配信サービスを始める
既に月額課金有料チャンネルがあります。こちらはチャンネル毎に課金して、チャンネルコンテンツを見る形式です。今回噂に成っているのは、月額課金の音楽配信サービス会員は有料と無料に区別され、スマホ向けのサービスになるとのこと元記事はこちらYouT

ちなみにYoutubeも音楽聴き放題を出しているようですが、微妙ですね。

Appleが質の高いサービスを10ドルで提供するようになると凄く安いもので契約するか、Appleのサービスで契約するかの2極化しそうですね。

通信量を気にしなくていいのであれば、YouTubeに自分でプレイリスト作成して無料で聴くのが一番ですけど。