【11月7日スタート】iPhoneかApple WatchのApple PayでPontaカードの掲示が完了出来るように。

スポンサーリンク
iphoneをかざすだけ Apple

ローソンやケンタッキー、昭和シェル石油などでポイントがたまるPontaカードが、ローソンでのみApple Payでのポイントカード掲示が出来るようになる。

スポンサーリンク

iPhoneかApple WatchをかざせばPontaポイントが貯まる

iphoneをかざすだけ

かざしてPontaカードは2018年11月7日より、Pontaアプリのアップデート、Ponta Webサイトから追加出来るようになる。

 

レジでポイントカードありますか?と言われて出して、スキャンしてもらってという手間のかかる部分がなくなるのはとても便利ですね。

 

iOSのNFC APIが更新されたことでかざすだけでポイントが貯まるように情報を読み取れるようになりました。

 

ローソン限定なのは、Apple Payを読み取れるリーダーがある店舗でしか利用出来ないからだと思います。Ponta自体はケンタッキーなどでも使えますが、Apple Payのリーダーがない店舗がほとんどかもしれません。

かざしてPontaポイント貯める設定方法

対応している端末が限定されていますので、利用しているiPhoneもしくはApple Watchがあるか確認します。

 

現状既にSuicaなどApple Payが使えていればPontaカードも設定出来ます。

利用できるiPhone

  • iPhone 7, 7 Plus
  • iPhone 8, 8 Plus
  • iPhone X
  • iPhone XS, XS MAX, XR

利用できるApple Watch

  • Apple Watch シリーズ2
  • Apple Watch シリーズ3
  • Apple Watch シリーズ4

Apple Watchでかざす場合は、iPhone 6sやiPhone SEなど利用できるiPhoneリストにないiPhoneとの組み合わせでも利用できます。

 

設定に必要な環境は、iPhoneをiOS 12にアップデートする事です。

 

まだiOS 11以下のバージョンを利用している場合は、iPhoneの設定からソフトウェアップデートを行い、iOS 12もしくは最新版に更新してくさい。

WalletアプリにPontaカードを追加する

11月7日からアップデートが配信されると思うので、最新版のPontaアプリに更新もしくは新規インストールを行い初期設定を行う。

 

次にPontaアプリから、「Walletに追加」を選択することで利用できるようになる。

 

Suicaとは違いiPhoneとApple Watchの両方のWalletにPontaカードを追加出来るので、Apple Watchを持っている場合は、Apple Watchの方が認証が面倒でなくてオススメです。

※腕につけてロック解除した時点で読み取り認証が簡易的になっているため

 

両方の端末のWalletアプリにPontaカードを入れておくと便利です。

Apple Payの支払いも同時に出来る

iPhoneもしくはApple WatchでPontaポイントを貯めるためにレジにかざすとき、同時にApple Pay内のクレジカードおよびプリペイド式カード、Suica電子マネーでの支払いも同時に出来る。

 

レジでApple Payでと伝え支払いに使いたいカードの種類を選択してかざして決済すれば、同時にPontaのデータも読み取ってポイントを付与してくれるようです。

ポイントカードはお持ちですか?

持ってます。

○○円です

スイカで

 

 

このようなレジで二回も三回もやりとりしたり、かざす必要がなくなるのでスムーズにレジで会計を済ませる事ができるようになります。

Ponta以外のポイントカードの対応も期待

コンビニやファストフードで使えるポイントカードはかなりあります。

  • dポイント(ローソン、マクドナルド、マツモトキヨシなど)
  • Tポイント(ヤフー、ソフトバンク、ファミリーマートなど)
  • Rakutenポイント(ポプラ、デイリーヤマザキ、ツルハドラッグなど)

 

このあたりの利用できる店舗が多いポイントカードがPontaカードのようにApple Pay(Walletアプリ)に対応してくれるといちいち個別にアプリを立ち上げたり、カードをお財布から取り出したりしなくて済んで大変便利になる。

 

とくに政府がキャッシュレス化を進めているのでPontaのようにポイント情報と同時に決済が出来るようになることを期待したい。