PS4でゲームプレイをYouTubeに公開して収益化するときの注意点

YouTube

明日、4月30日配信予定のPS4 FW1.70からゲームプレイ映像を保存・書き出しが可能になる。

ps4_share

またShareFactoryという動画編集アプリも同時配信です。

 

ライブ配信ではTwitch,Ustream,ニコニコ動画でアーカイブすることが可能になります。FW1.70からは720pのHD解像度での配信に対応していますので、HD配信のアーカイブ保存した場合にもそれなりのデータ量になる。

 

ゲームプレイを録画していた物をUSBメモリ、外付けHDDに動画を書き出すことが可能に。

PS4からYouTubeへの直接アップロードは出来ません。

直接のアップロード、ライブ配信に対応してくれると手間が省けていいのですが…

記事更新時(2018年現在)PS4からアップロード出来るようになっています。

YouTubeにアップするには

shareボタン

ライブ配信の動画の場合

UstreamやTwitchでアーカイブ(保存)された動画をPCに一旦ダウンロードします。 ダウンロード方法については、各サイトによって違いますが、基本的には配信で使ってるアカウントでログインし、動画一覧からのダウンロードだと思います。

ダウンロードが終わったら、不必要な部分の削除や動画を追加する場合は動画編集ソフトで編集して、YouTubeにアップロードしましょう。

録画したゲームプレイ動画

PS4に保存してある録画した動画は、

  • ShareFactoryでゲームプレイを編集し、外付けHDDなどに書き出してPCからアップロードする
  • 保存してあるゲームプレイを編集せずに外付けHDDなどに書き出して、PC側の動画編集ソフトで編集してアップロードする

このどちらかでアップロード出来ます。

YouTube収益化の注意点

YouTubeでは動画に広告をつけることが出来て、広告の再生に応じて収益を得る事ができるようになっています。動画の収益化には、投稿者が著作権を持っているか、収益化の許可を受けている必要があります。

 

ゲームプレイの動画には製作メーカーに著作権が存在します。

 

メーカー毎に対応が違い、収益化していいと言っているソフト、ダメと言っているソフトが有りますので、アップロードする前にそのゲームが収益化対象としてふさわしいか確認しておきましょう。

収益化okのゲームタイトルはこちらの動画にまとめられています

簡単に言うと海外のゲームに関してはほとんど大丈夫です。

日本でも人気のあるアサシンクリード、トゥームレイダーはokです。

 

国内のメーカーについては、個別にお問い合わせから聞く必要があります。 メーカーごとに対応が違うので、共通のガイドラインが出来るとアップロードしやすいですね。

 

動画を編集する際に手持ちの音楽をバックミュージックとして入れてしまうと、音楽の著作権が別途発生してしまいますので、使うことはあまりオススメしません。

 

私もこれを気にYouTubeにトゥームレイダーをアップしていこうと思っています。

 

YouTubeにアップロード出来るってだけでものすごく便利になりますね。HD動画はサイズ大きいので、配信サイトにアーカイブ保存しながらダウンロードしてアップしていく方法がHDDを節約できてオススメです!