USB-C to Lightningケーブルを買うときはよく見ましょう。結局Apple純正ケーブルを買いました。

シェアする

Macbook Proを買ってUSB端子がUSB-Cのみになりました。

そもそもUSB端子を使う人ではなかったので特に不便は感じてなかったのですが、一点だけ困ることがありました。

MacBook ProにUSB-Cケーブルを挿した状態

iPhoneとMacをつなぐときです。データの同期やアプリの検証データを出したり、充電口が足りないときにMacを介して充電したりするのに接続が必要です。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

説明をよく読まないで買ってしまって失敗

USB-C to LightningケーブルをAmazonで安く買いました。1000円以下だったと思います。

USB企画は統一規格だし、ケーブルなら問題ないかと思い安いやつにしたのが失敗でした。

Macbook Proの電圧に対応していないのか、ケーブルを挿してもデータの同期どころか充電すらされません。

最初ケーブルが壊れているのいるのかと思いましたが、Nexusで使っていたUSB-Cの電源アダプタがあったのでそのケーブルをつないでiPhoneを電源に挿してみたところ、充電することが出来ました。

やはりMacbookでのみ電圧が違うのでしょう。説明欄に使えない旨が書かれていました。気がつかない私が悪いんですけどね。

しかしなんで利用不可なのかは書いていないので原因がよくわかりません。

どうやら薄いMacbookでも利用不可らしく、何のためにあるケーブルなのか理解できず。WindowsマシンのUSB-C端子だったら使えるんでしょうか…

安心のApple純正ケーブル

iPhoneをつなぐケーブルにはMFi(Made For iPhone)の規格があって対応していないケーブルを使うと電圧が違うので中のチップが壊れたりすることがあるようです。

MFiの製品を購入してきたのですが、USB-C to Lightningケーブルについては対応製品が探してもありませんでした。

結局Apple純正のUSB-Cケーブルを購入しました。1mで2800円(税抜き)です。

Amazonの商品リンクを貼ろうかと思いましたが、値段がなぜか定価より高かったのであえて貼りません。

流石に純正ケーブルなので問題なくデータ同期まで行えます。USB-C規格自体が新しい規格なので、新しいMacbook系を購入したい人はそれなりの投資が必要です。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする